2017/03/12

パートタイム

投資家は資本主義社会の食物連鎖の最上位、いわばライオンのようなポジションです。

とは言えそれなりに気苦労はあるんですが、それでもこの立場のみで暮らしていると、いつの間にか上から目線になってしまいます。「この社長バカだな」とか「この会社まだこんな事業で消耗してるの?」とかいう感じです。

自分は何一つ手を汚さず、汚しても他人よりうまくやる能力もないくせに、いつもこんなことを思っていると、そのうち「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」的な勘違い発言や、老害チックなことを言い出します。

また上から目線が染みついた結果、世間と感覚がズレてきて本業である投資にも悪影響があるかもしれません。



そこで私はたとえ投資収入だけで生活できたとしても、あえてパートタイムで働きたい。これで底辺目線を補充すれば投資成績も上がる気もします。

私の知人に20年くらい前にプリクラ(←この単語今の若い人に通じるだろうか・・?)で一山当てて、数億円の資産を築きながらも派遣社員として倉庫で働いている人がいますけど、なんかすごい楽しそうです。
派遣社員の自宅にフェラーリとかランボルギーニとかたくさんあって笑えます。

それに働くにしても他に安定した収入があると気も楽というものです。
例えばコンビニで店員でもやるとして、急に休みたくなったとします。

店長に「やすみま~す」とラインしたら、「休む時は自分で代わりのスタッフを見つけるルールだろ!!」とか言われるかもしれません。

そんな時、「それはマネージャであるあなたの仕事です」と真顔スタンプと共にびしっと返してみたいw

当然クビでしょう。上等です。



ここまで読んで「おまえ人生なめてんだろ」と思いました?

そうなんです、よく言われます。

2 件のコメント:

  1. 面白い発想だけど、周りには言わないほうがいい考えですね(笑)

    金があっても気楽に働けるなら働いて社会との接点があれば、凝り固まって偏屈にならずに済むし、軽作業系バイトしていれば運動不足解消になりますし。

    ジムに行って金払って運動するのではなく金もらいながら運動して、大手物流企業なら物流の動きから景気の感覚を肌で感じられますから、健康と金と情報が手に入って投資にいいかもしれないですね。

    返信削除
    返信
    1. ご覧いただきありがとうございます。
      このブログに書いてあることを周りに言うと頭おかしいと思われますのでご注意くださいw

      削除