2017/05/28

2017年5月の投資成績

5/28現在の投資基準価額は前月比+0.56%、バークシャー株は+0.31%でした。インデックスは日経が+2.55%、NYダウが+0.67%、ハンセン指数が+4.16%でした。

■投資履歴



【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。

【注】上記の投資高はUSD・HKD現金以外の全ての金融商品を含みます(JPY現金も含む)。

■最新のポートフォリオ



■コメント

今月の成績はほぼ横ばいでした。

今月は吉野家ホールディングスを売却。優待目的だったのですが、もう牛丼をあまり食べなくなって優待券が余り気味だったし5万円くらいキャピタルゲインも出ていたのでお別れとなりました。

今注目している銘柄については9984ソフトバンクです。
今月の投資関連の行動は以上です。

あと今月話題になってたバフェットがIBMを売ってApple買った件ですが、バークシャーの資産の6000億ドルのうち株への投資割合は意外に少なくて1350億ドルです。あとは現金が1000億ドル、その他債券などなどもありまして、最も大きい資産は子会社となっています。

バフェットは世界一の投資家という名声を得ていて、それは確かにそうなのですが、彼の軸足は資産割合からしても私は完全に「実業家」であると思っています。

そもそもバフェットがここまで大儲けしたルーツを紐解くと、保険の預り金がキャッシュアウトするまで長い時間がある点に目を付けて、これを株式で運用してうまく行ったわけで、そもそもの発想がビジネスモデル(儲ける仕組み)を考えるビジネスマンじゃないでしょうか。

なので、バフェット関連では株の売買に注目するのではなく、子会社の買収について注意を払うべきだと思っています。(特にBRKに投資する際には)


バフェットの株の売買のニュースについては以上を踏まえたうえで見ていますが、まずバフェットについては言ってる事とやってる事が全然違う事がままあるので、最初にここをチェックしています。

例えば今回、バークシャーがGoogleとAmazonに投資しなかったことを後悔したとは言ったけど、だからと言って買ってはいません。実際に買ってるのはAppleです。

つまりGoogleとAmazonについては、ただ単に株価が上がったなぁ、と言っているだけで、いうなら競馬で負けた後に勝った馬に対して「実はあの馬が来ると思ってた」と言ってるオッサンと同じようなもんじゃないでしょうか。

他にも過去にS&P500インデックスへの投資を推奨してましたが、バフェットがそれを買ったという話は聞いたことがありません。

このように「言っただけ」で「やってない」ことは、そもそも本当にそう思っているかどうかさえ怪しいので、私は全力スルーです。



<参考>
http://ameblo.jp/snowballb/entry-12249385885.html
https://betseldom.blogspot.jp/2014/02/mf-16.html
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-08/OPM9S56S974B01

0 件のコメント:

コメントを投稿