2017/05/01

【笑】当ブログ管理人eichan氏、amazonマケプレ詐欺に引っかかる

最近話題のアマゾンマーケットプレイスの詐欺に引っかかってしまいました。

フトンを買おうとデパートに出かけ、実際に寝て試して良かったので買う前に一応ネットを見てみるか!と思って見たところ、安くであったので早速ポチ。

するとポチってから5分もしないうちに「発送済み」に。



ん?



急いでよく情報を見直すと出品者評価は悪くないけど詳細をクリックすると直近評価が1年ほど無し・・・あー!これアカンやつだ!!確か2FA認証してない休止アカウントをハッキングしてるってネットに書いてあったw

が、時すでに遅し。

普段は評価の中身もちゃんと見て買うのですが、その時はコンタクトレンズがゴロゴロしてて、面倒になってついうっかりそのままポチってしまいました。



さて、仕方ないので敗戦処理です。

マケプレにはアマゾンの保証が付いており、この保証を発動させるには出品者に問い合わせて2営業日シカトされなければなりません。というわけで、速攻でどーでもいい質問を投げて放置。

それとは別に、JCBのカードで購入したので、こちら側のショッピングガード保険というものもあります。私としては払った金額でフトンが届くのが一番都合がいいので、もしJCBの方で代替商品をくれるならこっちの方がいいかな、と思いデスクに問い合わせました。
しかしながら、 ショッピングガード保険はお金による保証だそうです。うーん、残念。

そうこうしてるうちに無事にさっきの質問がシカトされたので速攻でアマゾンに保証を申請しました。



という訳でお金は返ってきましたが、個人情報は見事に抜かれてしまいました。


このようにいつでも身の回りに危険はあります。金に汚い自分が騙されるわけがない、という先入観は捨てて丁寧に取引は実行していかなきゃな~と思った出来事でした。

ちなみに買おうと思った布団は↓です。睡眠が良くなると良い投資アイデアも浮かんでくるかも!?このリンクは正規店ですのでご安心ください。





それとアマゾンですが、佐川に振られヤマトに振られ、これからどうするのでしょうか。アマゾンの売上に対する日本市場の割合がどれくらいなのかは調べてませんが、これがなかなか大きいようだと成長に影響するかもしれません。
アマゾンのバリュエーションは高いので、一旦信用を失うとカラ売りで一儲けできそうです。
AWSの利益を食い潰すような損害がでると面白いかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿