2017/10/29

2017年10月の投資成績

10/28現在の投資基準価額は前月比+1.81%、バークシャー株は+2.5%でした。インデックスは日経が+8.12%、NYダウが+4.59%、ハンセン指数が+3.21%でした。

■投資履歴



 【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。

【注】上記の投資高はUSD・HKD現金以外の全ての金融商品を含みます(JPY現金も含む)。

■最新のポートフォリオ



■コメント

今月の成績は上昇して過去最高を更新しました。相場がアホみたいに上がっているので当然ですが・・・ただ自分の資産配分の性質上、こういう場面では指数にボロ負けとなっています。

中身を見ると、まず持ち分割合の大きいIBMとJNJがそろって好決算。これで大きく含み益が増えました。またMSFTが絶好調で初めて買値の2倍を超えました。

そういえば、自分がMSFTを買った理由の7割は配当狙いだったのでした。
当時マイクロソフトは手堅くFCFもありましたが「MSFT?ああ、スマホ時代の前時代のPCの覇者ね!」というノリで配当利回りも3%を超えていたんです。

理由の残り3割は、当時クラウド銘柄として、amazon、google、IBM、マイクロソフトに注目していて、この中にマイクロソフトも入っていたので伸びしろ分としてまあいいかな、と思ったのでした。

上の4つのクラウド銘柄のうち他にもIBMも同時期に購入したのですが、この理由も同じく高配当でFCFもあってクラウドのおまけつき、というものでした。
結果からするとamazon一択が大正解だったんですけど、まあマイクロソフトも2倍になったのでよしとしましょう。

日本株ではソフトバンクで選挙相場の恩恵にあやかりました。でもNISAで100株くらい買い増そうかと思っていた矢先に上がってしまったので、ちょっと残念な気もします。

一方、絶不調なのが先月も言及したGE。これねぇ・・どうしてくれようか(´Д`)。
一般に優良企業が業績が悪くなって株価が下がった時は購入のチャンスなのですが、これは丁半博打みたいなところがあって、本当にダメになってしまうこともあります。

GEに関しては歴史も長いし最終的にはまたターンアラウンドしてくると思うのですが、これはまた詳しく記事にしようかと思っていますが、起きてることにちょっと違和感があって、復活には時間がかかると思っています。
なので今回は買い増しはせずに放置しています。


その他の投資行動は、AT&Tに注目してるのと、HKDをJPYに両替を継続してる事くらいです。



0 件のコメント:

コメントを投稿