2020/10/17

お金の作り方

お金の作り方なんて簡単ですよ。

生きるっていうのは無数の決断の繰り返しなんすよ。

ことお金に関しても誰でも1日最低10回は判断と決断をしてるわけ。意識&無意識含めてね。

例えばある1日を例に挙げてみる・・・

1、朝コンビニに行ってスイーツを買おうとレジに並んでいたら、まてよ?クーポンあったっけ?と気付いてライン見たらあったので使用(20円の得)

2、いらんモノをヤフオクで売ろうかと思ったけど、下調べしたら売れても2000円程度だったので、それなら手間の方が高くつくのでヤメ(4時間程度の時間の得)

3、iPhoneのカレンダーを見たら1か月前に入れておいた1か月無料のネットサービスの期限だったので忘れず退会(月980の得)

4、すでに入会を決心してるカードに申し込む寸前に、まてよ?これセルフアフィリエイトであるんじゃね?、と思って探したらビンゴ!(3500円の得)

5、どのサイトでも値引きなしの商品なので諦めてヨドバシでポチろうと思ったけど、念のため各ECサイトを巡回したら売価は同じだがPayPay20%キャンペーンの日で実質値引き(4300円の得)

6、デパートでしか売ってない商品でこれはどうしても値引きできない、と思うも優待クロスでとっておいた伊勢丹の優待カードを思い出し10%で入手(1500円の得)

7、ディナーはGotoキャンペーンを利用(1000円の得)

8、帰りの電車内でIPOにポチポチ応募。100回に1回くらいは当たる無料の宝くじみたいなもん。(1回ポチの期待値で2000円の得)

などなど。


これを見て、大抵の人はこんな面倒くさいことチマチマやる奴なんてクソみたいな奴だな!とディスるだろう。だが、この考えが致命的にダメ・・!

この1日だけで、決断の度にしっかりと得するかどうかを考えるのと、漠然とボーっとその時の気分で浪費するのでは13300円も違う。1日だけで!

生きるという事はこれが毎日続くわけよ。1年やればで485万円。まあ毎日こんな消費するわけじゃないから少し割り引いても、まあ200万は下らないよ。

そしてその「毎日の無数の決断を1つずつ丁寧にやる」っていうのも最初は死ぬほど面倒くさいが、1年もすると息を吸うように「無意識」にできるようになる。これを「習慣」という。こうなると当人は楽なのにどんどんお金がたまる。

ツイッターの億リ人とか見てみ。みんな何億持っててもセコい小銭稼ぎしてるだろ?あれ見てこいつ金持ってる癖に本当にケチでセコいクズな奴だな、とか思ってるんなら大間違いだ。あればたぶん、本人は何も苦労に感じてないよ。だってそういう習慣なんだもの。

バフェットだって、億万長者になってからエレベーターで1セント硬貨拾ってなんて言ったと思う?「次の10億ドルへの第一歩だ」だぞ

自分はここまでは無理だけどw


さて話は戻るけど、「毎日の決断を1つずつ丁寧にやる」で作った1年で200万のお金、10年続ければ2000万になる。これだけでもかなりのものだが、株式市場というのはなぜか10年に1度くらいは「100年に一度」とやらの大クラッシュをするw

そこで生きてくるのが最初の方で言った

「2、いらんモノをヤフオクで売ろうかと思ったけど、下調べしたら売れても2000円程度だったので、それなら手間の方が高くつくのでヤメ(4時間程度の時間の得)」

の「時間」の節約だ。

今年の3月のダウが18000ドルくらいに下がったとき、仕事や何やらで忙しい、とか言い訳して投資できなかったらどうだったろうか?大損害だろう。

だから常に「何かで頭がいっぱい」という状態は避けるようにして、チャンスが来たら一気に動ける時間と余裕をキープしておかなければならない。

こういうタイミングで、10年間「毎日の決断を1つずつ丁寧にやって」貯めた2000万をぶち込むんだ。もともと浪費するはずだった金だし、ゼロになっても損はないようなもんだし、実際に減ったところでどうもないよ。

で、それから2年もしてみ?それたぶん4000万くらいになってるよ。いや、2年でまた400万節約してるから4400万か。ほら、1億なんてもうすぐだろ?

そしてここまで来たら、4000万投資しながら節約ネタをツイートしたくなるかもしれない。ここまで投資額が大きくなればそれなりにフォロワーも増えるだろう。

そしていつの間にか自分が「大金持ってるくせにセコい小銭稼ぎしてるクズッター」になってるといるかもしれない。


で、最後にもっとも大事なこと言うよ。


今回はお金についてツイートしてきたけど、「毎日の決断を1つずつ丁寧にやる」っていうのは何かを成し遂げるには全部に共通の話なんだ。恋愛でも技術の習得でも何でも。

そして真剣に下した決断が「当たり」だった場合、それは時間が経過するほどレバレッジがかかってくる。1つの当たりの決断が個人能力を高め、その能力が高度な人脈を形成し、付き合う人のレベルが上がれば自己の能力がさらに高まる・・このスパイラルが人的資本のレバレッジの正体だ。

50年前のある1日に下した一つの真剣な決断が、農家の出で総理大臣になるか、西成の商店街で隅で寝る人間になるか、の分かれ道であることも十分あり得るわけだ。

毎日毎日目の前に現れる無限の分かれ道、全部真剣に見て1つでも多く当たりを引け!