2018/10/31

2018年10月の投資成績

10/30現在の投資基準価額は前月比-1.75%、S&P500配当再投資は-9.27%でした。
なおBRK株は-6.25%でした。

■投資履歴


【注】上記の投資高はUSD・HKD現金以外の全ての金融商品を含みます(JPY現金も含む)
 
■最新のポートフォリオ


■コメント
10月の投資成績は若干低下。いうまでもなく世界同時株安の影響。
指数より良い成績だが、そもそも指数が上がっていた時に全く儲かってなかったのに下がる時だけ付き合ってたら堪らないので、それほど嬉しいわけではない。

投資行動は規模の大きい順に購入がJT、ソフトバンク、テンセント。売却がIBM、PG、GOLD。

JTはIBMより総合的にいいのではないかと思って購入。
ソフトバンクは超長期の上昇トレンドで月足の25ヵ月移動平均のサポートラインにタッチしていたので、ちょっと受けてみた。

テンセントは下落が止まったとは全く思っていないのだが、どうせ自分の予想なんて外れるに決まってるのでチョビチョビ買い始めている。
自分はかなりネチネチ買増すタイプなので今後1年くらいはチクチク買い下がるかもしれない。JTもかれこれ7か月もしつこく買い増している。
従って一回の購入規模はとても小さい。

売ったIBMについてはポジションの6割くらいを処分。理由は上記のとおりJTの入れ替えのつもりで他意はなかったのだが決算前日に売却したため短期的なタイミングは最高だった。
翌日IBMは決算をミスって暴落し、さらにレッドハット買収を発表して下落したので結果的に神トレードとなった。

※ちなみに自分はリーマンショックの時に万科企業という中国株で52週ザラバ最安値で売るという逆神トレードしたことがあるw
いまも万科のチャートに自分の損切り価格が刻まれているのだが今回は良い神トレードで良かったw


PGは今となってはMMFに毛が生えたくらいの配当利回りだしどうかなぁ、と常々思ってたところで好決算で暴騰。ゴチになりました、ありがとう!w
GOLDもタイミングが良かったため売却。

その他、現時点ではソフトバンクをさらに買い増しているのだが、自分は取引報告書が来た時点で管理用ポートフォリオを更新してるのでその分はまだ反映されてない。
それが入るともしかしたらソフトバンクがポートフォリオ2位になっているかもしれない。気づけばポートフォリオのワンツーが日本株に。

なお2018年の配当金は現時点で1,369,688円(税引後)になりました。