2010/12/26

リア充月間

2004/10/01から2010/12/25現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 19433ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):6.68%

今月はそれほど変わったことは無し。先月買い増そうとしていた日本株は完全におっきしてしまい、手が出なくなってしまった!まだ4分の1くらいしか買ってないのに・・・ブツブツ。

あと、そろそろゴールドは注意が必要な段階に入ったよう。 
ソロスも「バブル」と言っているし、バフェット様などは「恐怖への投資」と憎悪さえ感じるコメント。さらにゴールドマンがオンス1750ドルとか言い出したのが臭すぎ。。。

一方、このバブルが終わるのは紙幣の信用が復活し、世界中の金利が正常化するメドが立ったときと予想しますが、その気配もまた一向にないばかりか、QE2をはじめむしろますます悪化しているように見える。

強弱双方の材料が入り乱れて難しい・・・。
駅とか電車内にゴールド投資信託などのポスターが出始めたなら即降りるけど、今はそこまででもないし・・・。
まあ、当面は注意しつつ続行。


それにしても今月はやることがありまくりで、これじゃまるでリア充っす!( ゚o゚)。
この自分がリア充もどきな生活を送るとは。

とにかくやることが多いので、新しいことは手を出さず、今手がけているものの土台を固めを精一杯やろっと・・・φ(・_・")。

2010/12/23

≠FREE!

最近炎上してきたモバゲーとグリーのアイテム課金。
確かにこのビジネスモデル、まんま「タケノコ剥ぎ」で、ちょっと汚め。

こういうのは細々とやっているうちはともかく、500億も儲けてしまうと、さすがにあれだけ広告費を落としてても、この国では叩かれてしまうようです。

もっとも自分の場合は、無料と聞いてフリーソフトだと安心してゲームしてたら突然、金払わないと事実上先に進めないと分かったら時間返せ!と思うし、そこからいくらカネがかかるかも分からないんじゃやってらんねーと思うけど、これだけ流行ってるということは、自分みたいな人はむしろ少数派らしい。

しかしまあゲームなんてやってる人が楽しめればそれが価値なわけで、そういう人が多くいるなら、まあそれは「有り」でしょう。

それはさておき・・・

DeNAの時価総額を見たら、なんと今4400億円じゃないですか!( ゚o゚)。
でもこれでも、ざっと見たところでは現状の利益水準と成長性の割には評価が低い感じ。
しかし現状の社会からの叩きに真摯に対応し、企業として社会的に認知を得て次のステージに行く「まじめ道」を選べば、

広告の自粛、
無料で遊べる範囲の拡大、
ペアレンタルコントロールの強化、
購入意思確認の強化、
期間あたりの購入上限の強化、

などなど短期的に利益の犠牲になる対策ばかり必要になり、業績に負のインパクトは避けられない。

一方、叩きたかったら叩けば?とホリエモンのようなイケイケノリで行くと、今度はリーガルリスクが非常に高く、もしそのリスクが顕在化しときは(たぶんすると思う)相当なダメージが予想される。

というわけで、どっちに転んでも下がりだしたら面白い銘柄になりそうだ(;^ω^)。
自分は売りはやらないのがポリシーだけど、タケノコ剥ぎが専門の上場企業もどうかと思うし、崩れだしたらちょっと遊んでみよかなーと思ったヒヒヒ


関連記事:割安に見える株・最終回

2010/12/04

長期先読み禁止

株は先を読むゲームですが、じゃあ読めば読むほど良いかというと、そうでもない。

株に限らずあまり先まで読みすぎると、究極的にはどうせ死ぬんだから何もしなくていいや(笑)、ということになってしまいますえへへ…。。。
ということで、長期的な予想と、今の投資行動が違うことはよくある。

さて、では株とは一体どのくらい先を読めばいいのだろうか。
もっとも効率よく投資をしようとすれば、少し待てばすぐ価格に反映される「人よりちょっとだけ先」を読むのが一番効率がよさそうだ。

人と同じ時間軸でも予想が当たればそれでいいんじゃね?と思うかもしれないけど、相場というのは人と同じ行動をしていては勝つことは難しい。これはみんなの向きがそろうと価格はそれをスグに反映してしまうので、仮に当たっても値幅が取れないんすよ。

例えば為替市場で極悪な米雇用統計が出て、こりゃ~ドル下がるだろ、と思ってデイトレで売っても、その時はもう下がっているので、確かにドルは下がって予想は当たっても、実際あまり儲からない。
少しは取れるかもしれないけど、そのあと踏まれるリスクなどを考えるとこの分野でプロ(コンピュータ)と張り合うのは自分みたいな凡人には分が悪い。

では株式市場において、”人”はどのくらいの先を見ているのかというと、これは市場に参加するプレイヤーのタイプごとの売買額と、そのタイプがどの程度の先を読んでいるかの加重平均によるだろう。

例えば、デイトレーダーは10秒~数時間の勝負をしているわけで、もし市場にデイトレーダーしかいなければ、1日先を読めれば十分に底値で仕込んで果実を得ることができる。
ファンドなどの機関投資家の場合は決算期間の1年になり、長期投資家であれば、1年以上だろう。

株式市場には上記のどのタイプもいるのだけれど、このうちどれが株式市場の主役かというと売買額から言っていわゆる”大人買い”で有名な機関投資家がメインではないだろうか。

かれらは半年~1年勝負。かれらは年間パフォーマンスで給料がきまるので、必死にこの期間の先読みをするはず。これは、株は半年後の景気を先取りするという俗説にもマッチする。

ということは、個人投資家の一番適当な先読み期間は1年~3年くらいと思われる。

機関投資家たちが1年後を総悲観して大人売りして暴落したところを3年後を読んで拾う!というのが個人投資家の一番気持ちのいい勝ち方だと思うので、自分はそれを目指したい。

まあこれは拾うタイミングだけで、売る時期は難しいですけどね。。。

という、株でも仕事でも恋愛でも日本の将来でも、あまり先まで読みすぎると、あまりいいことないっす・・・という話でした(・∀・)!。

関連記事:
消去法
株の売り時

2010/11/28

円安(゚∀゚)!月間

2004/10/01から2010/11/28現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 19357ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):7.04%

円安で大幅増!やっと来たー。

北朝鮮の砲撃とかでやっぱり喧嘩が強いことは大事だよね、とか、アイルランドで信用不安、とかいろいろと世界中でドル高要因があったらしいけど、いい加減これでドル安トレンド自体終わってほしいところ。。。

株のほうはと言うと、円預金がたまって、先月買った日本株が安くなれば、また買い増ししようかと思っているくらい。両方の条件が揃わないと買い増しできないので、なかなか難しいかもなー。

まあ株なんて焦ったら負け!なので、条件揃ったら買ってやんよ、てな具合でいいと思う。



※追記
本日のY!ニュースから

 北朝鮮沿岸では韓国側に向け、これまで以上に多くの砲門が開いており、周辺の飛行場にミグ戦闘機が待機しているという。聯合ニュースは、北朝鮮軍が地対空ミサイルを前方展開し、地対艦ミサイルを発射台に設置していると報じた。

ミグ戦闘機(;^ω^)。そんなもんまだ使ってたんかw

2010/11/18

いつもチェックしていますが、今日の manekabu のブログ のエントリ がもっともだと思ったり。
買って下がったら含み損だし、それで頭に血がのぼって損切りしたら実現損。もし上がっても売った次の日にまた上がると損した気分になるんだから、儲かった気分になるのは含み益の間だけで、株をやってる人は損した記憶しか残らないのかもしれません。

しかし最近はそんな状態こそが正しいと思ってます。
だって、もし儲かった記憶を作りたかったら、毎日デイトレで勝ち続けるくらいしなければならず、それっていつか破産しそうで怖いし。

ということで、株は一度買ったらやることは無く、いきおい大部分の日々は波を眺めるだけとなるのですが、20年くらい眺めてて分かったのは上げ相場が終わって下がりだすときはBYDとかアリババみたいな成長株がまず雪崩を起こしますね。でも暴落相場から上がる時に先頭を切るのもこの類の株だったりします。

逆にペトロチャイナみたいなインフラ系の大型高配当銘柄は上がっても下がってもたかが知れてるので、暴落時以外で株を買いたいなら、こういう株で少し配当という小遣いを稼ぎながら遊ぶのが安全かもしれません。

ちなみに、暴落から何が最初に上がりだしたのかを覚えておけば、次の時代に何が起きるのか、かなり高確率でラクに分かりますね。
同じように、世界中で暴落した後に、どの国が最初に上がりだすかを見れば、その国が世界の次の時代を担うんだなと思います。

市場はまあまあ効率的、というのがアホみたいに相場ばかりを眺めてきた自分の感想です。

※売った後に暴落したら儲かった気分になればいいんだけどそうはならず、損した状態から取り返したのは記憶に残るけど、損しなかったのは忘れるんだよなぁ(プロスペクト理論?)

2010/11/06

世代間格差

日本ではこれから老人が増え続け、それに対して支える側の若者は減り続けるので、払い込んだ年金に対して今の老人は数倍の受給超過となる一方、若者は数千万円の払い損、となるという試算もある。

これでは継続性が無いから、そういうねずみ講的な人口ピラミッドを前提に作られた制度は見直さないと!という話が良くあがる。が、よくよく考えたら、そうでもないかもしれないと思えてきた。

まず、お年寄りが一番欲しいものと言えば、安心と健康といったところではないでしょうか。年取ったら肉も食えんし、動きたくもないだろうし、若者のようなアクティブな贅沢の需要は低そうだ。

本当の安心と健康を得るには、それまでの人生でいかにパートナーや子ども達との関係を築いてきたか、によると思うけど、それ以外で手っ取り早くすぐ出来る「安心」の入手方法はお金を貯めて多くキープしておくことなのでは。
高度経済成長を駆け抜けてきたご老人の、預金信仰はすごいもんがあるしな・・・。たっぷり貰った年金のうち、せっせと貯め込まれる分は多そうだ。

日本は個人消費がのびず、景気がよくならないのも、こうやって高齢者に貯め込まれるばかりでお金が流れてこないからと考えると、筋も通る。

しかし、「安心」が欲しくて貯め込んだお金はどうなるかと考えると、使うと安心できなくなるわけで、当然使わずにご臨終となる。

すると結局そのお金はその子どもたちに相続されることになるので、子どもたちにとっては確かに自分らの世代は高負担低福祉でも、考えようによっては払う分は親から前もって貰ったから1勝1敗?だし、まあ許してやるか!とならなくもない。

実はそんな家庭が日本のマジョリティーだとすると、意外とだましだまし微修正しつつ、現在の制度は続くかもしれない。

2010/10/30

洗脳月間

2004/10/01から2010/10/30現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 18598ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):4.93%

最近あまりにも株がヒマなので、昔からやろうと思ってた洋楽のスクリーニングを開始。

自分は昔、あまり洋楽に興味が無かったせいで洋楽について知らないことが多く、これはもったいない、と前々から感じてたので、いつかまとめて聴いてみようと思っていたのだ。

で、まとめて聞いてる途中で奇妙なPVを発見してハマってしまった↓



【精神崩壊注意:Herbie Hancock - Rockit】




��回目:なんなんだこの映像は!((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

��回目:なんなんだこの曲は!( ゚Д゚)

��回目:入信。(@_@)

ということでもう30回以上は見てしまった!。「ドナルドはダンスに夢中なのか?」や「スリラー」もかなりハマる動画だけど、自分的にはこれが一番。
四半世紀以上前のPVだというのに、新しすぎる・・・と思ったら、当時も世界中で曲もPVも大ヒットしてグラミー賞受賞。スクラッチを一般化した立役者だという。知らんかったわー。

それから毎日毎日見続け、すっかり洗脳されハッと気付いたらもう月末じゃないですか!

慌てて集計すると、げっ!スゲー減ってる・・・ガクリ。また円高になってたのね・・・。
一気に目が覚めたわ悲しい

その他今月にやったことといえば、昨日の後場に、とある日本株を購入したくらい。
これで久しぶりに日米中のポジができたよ!まあ一番大きいポジはあいかわらずゴールドだけどヽ(´ー`)ノ。

2010/09/25

円安金高キター月間

2004/10/01から2010/09/25現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 18928ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):6.28%

ついに今月、日本政府が為替介入。
これで円高に一応のストップがかかった上、ほぼ全ての主要国でお金が増える方向になったし、米がもっと金融緩和するとかで、ゴールドが上昇。おかげさまで資産増加!キター(゚∀゚)。
とは言ってもまだ先月末から比べるとなにげに円高なんだよなー・・・汗

まあ日本はとにかく行動が遅いけど一度動いたらまた止まらないという、大型船の舵取りのような国なので、しばらく介入は続くと思うのでそれに期待(´ー`)。

でも本当は介入だけでなく、買ったドルで資源権益抑えたり、もうちょっと長期的な戦略が見えてくるとこの閉塞感も少しマシになるんだけど。

あと尖閣の事件、中は北ほどではなくても、やっぱりマトモな話の通じる相手でないのを再確認。Googleもそう思って出て行ったのだろうか。

とにかく、同じ暴君でも中国より米国のほうがマシなので日米同盟は重要。
今後ルーピーのような平和ボケな人が指導者にならないことを希望します。

2010/08/29

逆転月間

2004/10/01から2010/08/29現在までの投資成績

$投資生活ブログ
今月のMY基準価額 : 18647ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):5.19%

今月は急激な円高だったにもかかわらず、ゴールドが踏ん張ってくれたおかげで資産防衛はなんとか成功。

また株のほうも、ちらほら面白い価格を眼にすることができるようになってきたが、中国株はボラティリティが高く、ちょっとお手頃と思って飛びつくと痛い目にあうので、かなり下に指値を入れて「見」の一手。

日本株の方はもう1年以上ウォッチしてる銘柄があるけれど、この軟弱な地合いの中、どんどん上がっており、まったく手が出ない。どうなってるんだこの株は!
まあ自分が日本最後の成長株と思ってるので、多分みんなも思ってるんだろうな・・・。



さて今月、ついに2010年のGDP世界ランキングで、中国が日本を逆転することが確定したという。予想されていたことだけれど、問題は、比較に使う通貨は普通ドルなので最近の円高で相当嵩上げされているにもかかわらず、抜かれたということだと思う。

つまり、仮にこれから日本が円安になったら自動的に差が広がるし、円高になれば当然、中国の競争力がさらに強まり、差が広がることになる。

ということは、これはもはや抜きつ抜かれつというレースではなく、一方的に中国の背中が見えなくなっていく可能性が高い。本当に残念だ。

もっとも数字の上ではそうだが、実際の産業分野では一朝一夕に日本に追いつくことは難しい。たとえばクルマ。見た目は立派でも、中身はこんなこともある。



中国のトラックの場合。






日本車の場合。







しかし、最近の中国車の中にはかなりまともなものも出てきた。







今はまだ中国の産業界は玉石混交であり、本当に怖いのはコンプライアンス、技術、ファインナンスで底上げがされてしまったときである。政治での狡猾さでは比べるまでもないし、そうなったら本当に怖い。

2010/08/13

ケチと節約と浪費と消費

傍から見てお金持ちと思われてる人も、クーポンを使ったり店で値切ったりします。

一方、お金の貯まらない人ほど、そういうことは気にせずバンバンお金を使います。
お金持ちが言うには、100円200円ならそれでも構わないが、お金の貯まらない人は大きな買い物の時も同じ感覚で浪費するからダメなんだ、とのことです。

だからお金持ちと思われてる人が、クーポンを使ったり値切ったりすると、よくケチとか守銭奴とか言われますけど、彼らはケチなのではなく、いつも同じロジックで「節約」してるだけなんですね。

しかしそうは言っても年収1億円の人が、ネットでクーポンを検索して印刷したり、高速道路料金が惜しくて渋滞した下道を走るのはどうだろう。

それにかかる余分な時間を考えると、彼らの時給からしたら明らかにムダだ。これは「ケチ」ではないか。

だから例えばバフェット様が移動に自家用ジェットを使うのは、彼の資産と年齢を考えると、これは支払う金額以上の価値がある至って真っ当な「消費」であると言えると思う。

そもそもお金は、死んだら死んだ本人にとって本当にタダの紙になるのです。

お札は中央銀行が担保なしに増刷しても紙に近づくけど、個人にとっては歳を取ることでもっと簡単に紙に近づくので、自分はお金とは同じ金額でも持っている人の年齢によって価値が違うと思っている。

だからお金を使う時は「受け取る価値>支払う価格」かどうかを、常に自分のスペックから判断しなくてはならない。

ということで、同じモノを購入しても、本人の年収やら年齢やらでケチだったり節約だったり、浪費だったり消費だったりするので、どれがケチでどれが節約か?浪費と消費の違いは?については、なかなか奥が深いテーマだ。

また、死ぬときに素寒貧になるのが理想だけど、いつ死ぬかはわからないし、やはりQ先生の言うとおり、お金は稼ぐより使うほうが難しいですネ。

2010/07/31

玲子さん月間

2004/10/01から2010/07/31現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 18645ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):5.06%


円高きたー(;´Д`)。
先月、多少JPY買いでヘッジはしたものの、それでもやはりドル建て資産が多い自分には円高はクリーンヒット!

さらにそのヘッジ分は3円くらい抜いて86円くらいで売って、オンス1200ドルくらいでゴールドに変えたところ、ゴールドも1160ドルくらいまで下がってしまった!

さらに相変わらず実弾充填(現金を入金)は続けているものの、あまり買うものがなくてその分はまったく運用してない状態のため、時間が経つほど基準価額のCAGRは下がっていく。

以上よりCAGRは大幅悪化(´Д⊂ヒィィィ。

��
��

そんなことより今月はなんと言っても美人キャリアウーマン玲子さんですよ!

FXスワップ長期投資という、今ではちょっと甘酸っぱい香りもする玲子さんの戦略の戦績(7月26日~30日)が今週ついに含み損に(;゚д゚)

やはり低金利通貨は最終的に買われるんだろうか?

とすると、米が当分の間低金利だとすると、もうここからはそれほど円高にならないかも。


あっそんなことより今日はサーティーワンの日ではないか!31日がある月は31アイスに行くと31%OFFなんだった。

行ってこよダッシュ

2010/07/12

もう利息って概念無くなるんじゃないの

(7/13追記:下方修正は来年の日中欧でした。今年は上方修正でした(^^;))

少し前のニュースによるとIMFが世界の経済成長率の予想を下方修正したとのこと。
世界の景気は踊り場からやや弱気になったらしい。

結局、この景気回復(全然そんな実感はなかったけど)で、主要国は利上げどころか、リーマンショックの出口にさえ達してないというのに、また景気下げ↓ですかー!

そりゃあ、この景気回復でちらほら金利を上げた国はあった。けど、それは韓国韓国とかオーストラリアオーストラリアとか小粒な国ばかり。

詳しく計算してないけど、金利上げた国のGDPって、束になっても日本一国分にもならない規模じゃないだろうか。

中国日本ドイツの超ド級GDPの主要国は金利上がってないし、その中日独が束になっても勝てない超超ド級GDPの米アメリカも今だ金融緩和中。

となると、やはり日本が20年経験してきたように、これから相当の長期間、超低金利が続くように思う。

そう予想すると、同じ金利が付かないならゴールドに注目してしまう金

だってゴールドも掘れば増えるけど、お札はもっと簡単に増えますからね。

「俺を信じてくれよ、ちゃんと返すって(・A ・)」
「よし!信じた!(゚∀゚)」


だけで増えてしまうのが紙幣ですからね・・・。

��0年後には、資産はゴールドで持って、必要な時に必要なだけ紙幣に「両替」して使う、なんてことが常識になったりして。まさに新・金本位制?

2010/06/27

乗れず月間

2004/10/01から2010/06/27現在までの投資成績
$投資生活ブログ
今月のMY基準価額 : 19452ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):8.19%


今日って今月の最終週だったんだ!すっかり忘れてた・・・(^^;)

さて、最近ぜんぜん相場に乗れてない自分。
ギリシャショックの指値注文もヒットせず、すっかり見送りとなった挙句、ゴールドでは振り落とされる始末。

そんな自分ですが今月はキャッシュポジの1/4を円買い!
支持率1位2位の民主も自民も揃って消費税UP!と言い出したし、米の景気も怪しいとなったら中期的には円かなーと思って。テクニカル的にもキワドイところだし。

JPYは最終的には1USD=200JPYくらいかと思ってはいるけど、それは10何年も後の話で、今ではない。
しかし、なんと言っても乗れてないので、この中期ポジも高値買いになったりして・・ムンクの叫び

将来的には、今、日本人の平均収入は400万ちょっとで、政治的にこのまま賃金は下げられないとすると、いわゆる先進国の標準的な年収である2万ドル程度になるためには、円が2倍ちょっと安くならないと釣り合わない。

まあ本当に一番下がってもらって買いたいのはゴールドなんだけどなぁ(ノ_・。)

2010/06/22

バフェット様が日本株に注目

少し前の日経ビジネスによると、バフェット様が日本で大型投資を計画中とのこと。
おおっ!これは!(^ω^)と思い、読み進めると、

「日本はバブル崩壊から全く成長していません。日本人ほど自分たちの犯した過ちを喚きもせず他人のせいにもせず優雅に受け入れている民族は世界のどこを探しても見当たりません。この点を日本人は誇りに思うべきです。」

だと・・・('A`)。
なんかムカツクな・・・ケンカ売ってんのかコイツ?

とは言っても、日本にもバフェット様のお眼鏡にかなう価値を持つ企業があるということですね!よかったよかった(^v^)
また、投資対象は税引き前利益1億ドル以上の企業とのこと。すると時価総額は1000億円規模の大型投資になると思われる。

時期は今後数ヶ月~10年とのこと。
これってつまり、今後数ヶ月~10年のうちに買い時が来るってこと?バフェット様の買い時といったら一つしかない・・・汗

とりあえず、バフェット様が買いそうな株をいくつかリストアップして、結果と比べれば、いい株力トレーニングになりそうだ(´ー`)

2010/06/13

見えない財産

若者が希望を失っているとのこと。
日本の将来「夢ない」65% 大学生、雇用・財政難でがっくり

なぜ悲観する!?(;゚ Д゚)若くて健康なだけでもとんでもない財産なのに。。。

そもそも人の住んでない場所で大地震が起きても何の被害も無いのと一緒で、いくら税金が増えても金が無ければ何の被害も無い。
相対的に若者は金がないから被害も少ないのでは。

この点ではむしろ銀行に貯金するしか能がない老人のほうが悲惨。
だってこの人たちは金が無くなったら残るのは老いてガタのきた体と不安だけですからね。。。

また、若ければ持ち時間が多いので、世の中の変化を待つこともできるし、長期的な投資(自分に対しても市場に対しても)も可能。これは老人からしたらヨダレものの財産だ。それに気付くべき。


健康もそう。


もし目をひとつ1億円で売ってくれと言われて売りますか?
自分だったら売りませんNO!いや拒否2

ということは、自分の場合は目は二つありますので、これだけでも2億円以上の財産持ちだ。
歯だって1本インプラントしたら数十万かかりますよ。口の中に何本歯がありますか?

だから健康なのに借金苦・経済苦で自殺・・・これだけはありえんNO!
取立てが酷ければ夜逃げして踏み倒し、食べ物を買う金がなければ無料で店から貰ってくれば(笑)いいんです!
とにかく死んだら負けだ。

他にもきれいな水、きれいな空気、安全や自由とか、日本人は結構な財産持ちだと思う。

なんかだんだん宗教じみてきたぞ(笑)

とにかく悩みは視点を変えたら一瞬で解決することもある。
イリュージョンのトリックは観客席から見ていたらいつまでも分からないけど、ステージから見たら一目瞭然だったりします。

それと一緒だと思う。


関連記事:
日本どうなる?
新歓の季節
あきらめるな!僕達には相場がある!

2010/05/31

調整?月間

2004/10/01から2010/05/30現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 19575ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):8.33%


月末にかけて持ち直すも、調整色が強かった今月。
成績は予想通り円高x株安で大幅悪化。あーあヽ(´ー`)ノ

ユーロ安から始まったこの今月の下げについて調整とみるか、次なる不況の始まりと見るかは微妙なところ。

自分的には世界中で散々出してたクルマや住宅の補助金がそろそろ終了なので、この後どうすんの?と市場のみんなが思っている下げのような気がしているので、プチ不況がまた来そうな気がする。

まあS氏とかは何も新しい弱気材料は出ていないとやや強気の模様。単なる調整で終わるかな?

まあ安くなれば買いますし、実際に既に指値で注文は出してますけど、自分は一日二日しか買うチャンスが無いような調整は本当の買い場とは思わなくて、本当の買い場は2ヶ月くらい地の底を這いつくばっているような状態だと思ってるので、仮に指値に引っかからなくてもまあいいか、というところ。


そんなことよりこの前売ったゴールド・・・おれの黄金証券返してーー!(;´Д`)

しかも今月一瞬だけ1170ドルまで下がった時今だ!買戻しじゃー!って思ってパソコンP.C*開いたら、その日香港休日で買えんかった・・・ガクリ

2010/05/27

真剣勝負

初めて株を買ってすぐに分かったけれど、本格的に株をやるようになってからますます確信したのが、実際にリスクを取って買ってみる「真剣勝負」と「バーチャルや理論」は全く別次元ということ。

綱渡りに例えて言うなら、理論やバーチャルが地上1 mでやる綱渡りで、真剣勝負が地上100 mでやる綱渡りのよう。

地上1mでいつも上手に出来たから、ハイじゃあそのまま地上100 mでやってみよう!と言ったって絶対出来ない。落ちたら死ぬというプレッシャーの前には、地上1mで出来た経験や自信など正に砂上の楼閣。

この辺は、リーマンショックやITバブルを「中の人」で体験した人なら同意してもらえると思う。

また、リスクを取ったとしても、1 年間貯めた100 万円でやるのと、30 年働いてもらった退職金2000 万円でやるのも大違いだし、同じ100万円でも、リーマンサラリーマンが趣味でやるのと専業でやっている人とも違うでしょう。

同じように、自分なら、売り上げ1000億円の大企業のサラリーマン社長より、自分のリスクで銀行から1億円借り入れて地元の小さなレストランチェーンを経営している社長の方が、ずっとすごいと思う。

それにしても、これほどの思いで市場からもぎ取った株の儲けを、どうして某国会議員のように、株主配分が多すぎるとか言えるのでしょうか。

そもそも、そんなにずるい儲けだと思うなら、誰も株を買うことは禁止していませんので、どうぞご自分もご自由に株主になられたらどうですか、と思います。

それをしないところを見ると、本当は知ってるんじゃないですか?

株なんて儲からないということをロシアン 得意げ

2010/05/26

金だけ増えてもあんまり意味無いよなあ。

これまで、終末期に全権力を使って不老不死を目指した王や皇帝も多かったようですけど、結局誰一人としてその願いを達成することはありませんでした(当たり前)。

それほどの人物が最後に求めたのが生きている時間ですから、やっぱ人にとって一番大事なのは時間なんだろうと思う。

現在、日本人の平均寿命は80歳くらいですが、生まれつき難病を患って20歳で亡くなる人もいれば、一方では100歳まで生きる人もいる。

しかし、これは20歳で亡くなった人が早く死にすぎたのでもなく、100歳まで生きた人が長生きし過ぎたわけでもなく、単に各個人の寿命が20年だった、100年だったという事ではないか。

各個人には持って生まれた寿命があり、どうあがいてもそれからだけは逃れられない。
そうならば時間が大事と思っても、寿命を伸ばすことは無理なので人に出来る努力といってもせいぜい寿命を完走する努力程度しかなさそうだ。

それは寿命という運命に比べればささやかな抵抗ですが、基本的には心身ともに健康に保つことだと思います。
体が無駄に病気になっても、心が病んで自殺に走っても寿命を全うできないので、いかに心身共に健康でいられるかが大事だと思うからです。

体の健康に必要なのは、良い食べ物、良い治療、衛生、休息、運動等でしょうか。これらはお金があれば何とかなるので、やはりお金持ちは有利だと思います。
でも、お金持ちになろうとして夜も眠らず働いたら大事な睡眠や休息がとれず、本末転倒となってしまいます。手段が目的になってしまっては意味が無い。(こういうサラリーマン多そうだけど)

一方、心の健康に必要なのは、適度なストレス、やりがい、趣味等だろうか。ストレスは、人は何か困難を乗り越えたときに幸福感を得られるらしいので、適度に必要なのです。
そのストレスの合間に趣味という「遊び」も必要だし、人は一人では生きられないので、他人や社会の役に立っていると自負できる「やりがい」も必要。

意外なのは、これら「心の健康」に必要なものは、あまりお金は要らなさそう、という点です。

「適度なストレス」「やりがい」は仕事を正しく選べば逆にお金を貰えるし、趣味も最初からお金を湯水のように使って頂点を極めてしまうと飽きが早いので、お金が足りなくて少々出来ないことがあるくらいの方が長く楽しめて良いのです。

そう考えると、心身の健康に必要な物のうち、お金が役に立つのはせいぜい半分で、やはりお金とは確かに必要だけど、腐るほど持ってても仕方ねーな、という印象。

結局、いろいろ考えて、バランスよく配分して死ぬ人が勝ちなんだろうか。
タバコが趣味の人は自分の体の健康とトレードオフでバランス取ればいいし、少しくらい給料が下がっても楽しい仕事を見つけたらサッと転職してしまうのも有りだと思う。

趣味や人生ポリシーは各個人によってバラバラなので、バランスの取り方は十人十色だろうけど、肝心なのは今の自分の生活が本当に自分にとって「心身の健康に最適なバランス構成」なのかをたまに考えてみて、その配分割合のリバランスを定期的にメンテナンスしていくことだと思う。

なので、仮に株で上手く儲けてお金だけ増えても、半分くらいしか意味は無いなあ・・・と思います。

2010/05/23

引き際

何か事を成し遂げようと思ったら、ちょっとした困難ですぐに諦めては駄目。
何事も粘り強くやり続けずに成功はまずない。

しかし、だからといって地方の商店街とかで「がんばろう○○商店街!」などと息巻いても復活した試しなんてないし、見込みの無いことを頑張り続けるのも時間の無駄。

この「見切り」のタイミングは凄く難しいなあ、と思っていたのですが、これは「これ以上やって失敗したら復帰不能!」いうところまで頑張って、それでも駄目だと思った時には潔く撤退するのがいいらしい。

何度も事業に失敗したのに懲りずにまた新しく事業を起こし、最後は成功した人のそれまでの引き際を見ると、そういうタイミングで撤退しているようだ。

もしそのタイミングを逃してしまうと、もう事業と心中みたいになって、正確な判断が出来ずにさらに失敗しやすくなるし、失敗後にはダメージが大きすぎてて再起不能になる。
株で損切りできなかった後みたいですね。

撤退とはサンクコスト、つまり今まで突っ込んだお金と労力の惜しさとの葛藤のため、実は勇気のいることですが、成功する人にはそれも必要な能力なのでしょうか。

どこがその撤退ラインかは人によってまちまちだけど、自分の場合は全資産の7割まで負けたらいったん諦めるか。
その後はまた働いて、増えた分だけの範囲で再チャレンジすると思う。

2010/05/22

Q先生が濃厚なエントリ連発

上がった株を残して下がった株を売れ
---
株をやっている人なら誰でも経験していることですが、
持っている株の中で一番よく上がるのは
少ししか買わなかった株にきまっています。
---

言い切った(笑)(;^ω^)



一にも辛抱、二にも辛抱、三にも辛抱
---
でも男は自分に頭がないことはなかなか認めたがらないし、
女は自分が不美人であることをなかなか認めたがりません。
それと同じように株をやる人は老若男女を問わず、
なかなか自分に才能がないことを認めたがりません。
---

��毒舌w(;^ω^)



私の株のやり方はとても簡単です
---
しかし、毎年、50%平均の成長率を維持できる銘柄は
誰がどう言おうと必らずのように株価が大きく成長します。
従ってそういう株を見つけることができるか、
見つけたらどんな大波の中をくりかえしくぐることになっても
ジっと辛抱できるかということに尽きます。
私が「株の儲けはガマン料」と言っているのはそういう意味です。
---

なるほど~。





話は変わって・・・





以前、有効期限が切れそう!と言ってたPARKNSHOPのクーポン
香港に行く予定も無く本当に紙くずになりそうなので、抽選で1 名様にプレゼントしたいと思います!

もし管理人に住所氏名晒してやるぜ!という勇者がいたら、右のメールフォームより、住所、氏名、メッセージを一言、を入れて5月末までに送ってちょ。

ただし今回は香港にお住まいの方か、香港にご旅行にいく予定の方限定にいたします。転売はなしねえへへ…
なお発表は発送を持って替えさせて頂きます(´ー`)

2010/05/13

直感

直感は意外に正しいという話はよく聞く。
確かに自分も思いあたるフシがあるので、この意見には賛成。
でも1点だけ付け加えると、いつもいつもそのことについて考えていた場合にだけ直感は当てになるということ。
ボーっとしてるだけじゃいい直感は得られない。

仮説ですが、いつもそのことが頭にあるから、そのことについての感覚が研ぎ澄まされてピーンひらめきちゅんと来る、というのが本当ではないでしょうか。

これは・・・、と他の人が気がつかないことに敏感になるには、やはりそのことについて1万時間くらいは考え続ける必要がありそう。
ちなみに1万時間というのは、何事でもプロと言われるのに必要な時間らしいです。

一日16時間、株について考え続ければ2年後には、なんか上がりそう!という銘柄が直感で分かるようになるかも!?

2010/05/12

預金保険

新生銀行があおぞら銀行と合併するとかしないとかいう件で届いたお知らせを読んでいたところ、合併したら1年間は1000万円×合併金融機関の数だけ保護されるとのこと。1年を過ぎると、1000万円までになるそうです。

ということは、合併した瞬間に倒産しても、ちゃんと2000万円まで保護されるんですね。
一安心一安心(´ー`)。

もっとも2000マンも預けて無いから関係ないけど。

2010/05/09

ギリシャ炎上

ギリシャすげーキレイに燃えとる・・・・・・。
コレ見て思ったこと徒然メモφ(・_・")。


��、学問のすすめ

怒ってゼネストしてる人たちって、IMFの融資がポシャッたらどうするつもりなんだろう?そんなことは考えないのか知らないのか・・・これ見てると福沢諭吉が学問をすすめたのがよく分かる。正しい判断の元には正しい知識が必要。明治維新でも海外を見てきて知ってる人に攘夷派はいなかったはず。


��、民主主義+市場経済って結構イケてね?(^ω^)

民主主義は有権者が自分の利益になりそうな代表者を選んで政治をしてもらうので、選ばれる人は多くの有権者に支持されているわけで、結果的に多くの人に満足でハッピーな社会が出来るはず、という良い制度だと思います。
また大昔の北斗の拳ケンシロウのようなヒャッハー!な世界から民主主義を実現するまでに、どれだけ多くの先人たちが血を流し苦労してきたかを勉強すると、民主主義とは本当に大事な無形資産だと思う。

しかしそんな民主主義も完璧ではなくて、
「個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない」
ということはゲーム理論でも証明されているし、そもそも個人に知識が無ければ最適な選択など出来ないため、世論によってはおかしな方向へ進むこともありうる。

例えば今のギリシャ見て日本も将来こんなんなったら嫌だなぁ、と思ったら、

・段階的に消費税を20%程度まで上げる(段階的に上げることで貯蓄→消費のインセンティブもUP)
・社会保障の減額と小さな政府(無い袖は振れないし)
・少しお金も刷って現金の価値を薄める(合法的に貯金を巻き上げるにはインフレしか)

などのように多方面から少しずつ渋いことを自主的にやるしかないことは、言われなくても政治家も個人的には思っているかもしれないけれど、民主主義ではそれは出来ないと思う。

なぜならJALやギリシャを見てると有権者は”今”自分に損になることは支持しない。例えそれが将来の自分に明らかに得になることでもダメらしいからです。

しかしこれは”今”生きるか死ぬかという逼迫した人とか、またはもう持ち時間の少ない高齢者にとってはハッキリ言って将来のことなどあまり重要でないので、ごもっともな話。

ということは、今の日本の高齢化と格差社会で上のような渋い政策が実行できたら逆に怖い。それが出来るということは民主主義ではないからです。

しかし、そんな有権者の欲望による破滅への暴走にブレーキをかけてくれるのがマーケット。
ギリシャも国債が暴落するというマーケットからの催促があったから、今しぶしぶ緊縮策を実行しようとしているので、民主主義+市場経済はなかなか良いシステムではないかと思うのです。

そうは言っても市場経済のせいで増えすぎた紙幣と、環境問題はどうオトシマエつけんの?という問題は残るが・・・それはまた今後の人類の英知に期待。


��、竜馬ブーム

ところで自分はそもそも自分の力でどうにもならないことはあまり考えないという、ま~カンタンに言うと利己的な感じなんですが、そんなタダ乗り人間ばかりでは人類の進歩はありません。

人類の進歩したのは、人々が無理と決め付けている事を出来ると信じてやり続けた人や、自己の損得勘定無しに人類の将来だけを考えて行動した偉人のおかげなのである。パチパチ・・・。

竜馬が流行ってるのも今の時代、みんなそんな人を求めてるのかなーと思った。

でもそんな偉業を成し遂げるには、自分を担ぎ上げてくれた人の利害を裏切ることも必要だし、知識が無く何でそう考えるのか分からない人からは一方的に恨まれたりして、斬られることになるのだけれど。

でもそんなのリスクなどとも思わず、突っ走れる人だからこそ偉業を成し遂げられるんでしょうね。

そういう自分は竜馬伝みてないけどヽ(´ー`)ノ。


��、勘グリ

しかし腑に落ちないのがゴールドマンの件があまり槍玉に上がってないこと。ギリシャとゴールドマンの共謀による粉飾決算でユーロに参加したなら、本来ギリシャにはご退場頂き、両者には制裁金ものだと思うけど・・・。

まさか米が裏からなんかして、ゴールドマンの件を追求しない代わりに、サブプライムの件で適当に提訴するとかしたんじゃねーのか!?などと思ったり。深読みしすぎ?(*'ω`*)



しかし長いエントリになってしまった汗
けど、この先のギリシャの成り行きによっては、日本国民も渋い政策でも納得するかも。まあその前に郵政とかの既得権をなんとかして欲しいですけど。。。




関連記事:日本どうなる?
関連記事:資本主義終わらない!に1票。
関連動画:竜馬好きの孫さん孫正義 LIVE 2011


2010/04/29

意外月間

2004/10/01から2010/04/29現在までの投資成績

$投資生活ブログ


今月のMY基準価額 : 20152ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):11.71%

リーマンショックからの経済回復ペースが想定以上とのこと。
自分は想定レベルか、ちょっと腰折れ気味を予想していたので、これは意外。まー相場とはいつも一番そうとは思ってない結果になるもんですね。

総じて高い中で、万科企業、アリババ、ペトロチャイナが安くなって来てて欲しい・・・(;´ρ`)と思うけど、相場水準的には買うべき場面とは言えないと思うので悩ましい。

でも今現在の自分のポジ軽すぎるし、配当狙いと資源価格の上昇→インフレリスクのヘッジ用にペトロくらいなら少し買ってもいいかな・・・などと考え中。

2010/04/15

深読み

株やってると、少し穿った見方をするクセが付きますよね。
何か普通のニュースを聞いても、本当にそうなのか?何か裏があるんじゃないのか!?このニュースが流れて一番喜ぶ奴は誰だ!?・・・という感じ。
株の世界でニュースなんか額面通りに受け取ってたら即、焼き鳥になっちゃいますからね。
そんな感じでもう本当に無意識に勘グっちゃうんですが、先日そんな中でも特に匂うニュースが発生。

人事異動回避も金次第!?厚労省室長が現金詐取

 厚労省によると、室長は3月16日、同省近くの喫茶店で、同じ統計情報部に所属している30年来の旧知の部下に「4月1日付で地方異動の可能性があるぞ」と架空の人事情報を伝え、現金で異動を回避できると打診。部下はそれを信じ翌17日、室長に100万円を手渡した。
 不審に思った部下は3月下旬に同期の職員に相談。異動は発令されず、今月7日、同期職員や幹部に詳しく経緯を話した。幹部が室長に話を聞いたところ、虚偽の人事情報で現金をだましとったことを認めた。



こんなん見たら、もう勘グリグリっすよ!


グリ1:部下が一枚上手 だった説

いくらなんでも、金で人事異動が買えるなんて信じるアホがいるわけはないでしょう。
ということは、実はこれは部下の方が一枚上手で、この室長のことを30年来ムカついてて、信じたフリをして100万円を受け取らせ、速攻チクって失脚させてウマー!なんじゃね(・∀・)?

とか

グリ2:厚労省ではよくあること 説

いやそうでなく、実は金で人事異動を買うのは
厚労省ではよくあること
なんじゃないか!?
だからこの部下はまったく疑わず、当たり前のように現金を渡したのでは・・!

とかw

どっちにしてもこれはひどい(^ω^)。中国並み。

以前、中国のある進学塾が大学に賄賂を渡し、試験問題をGETしてたのがバレて新聞沙汰になったところ、なんと
「あそこの塾に行けば試験問題が手に入るらしいぞ!」
と、入塾希望者が殺到したそうです(笑)が、厚生省内部とは、もはやそのレベルなんじゃなかろうか!

深読みしすぎ?('ω`)
※ちなみにその室長。退職金ちゃんと出るそうです!さすが厚労省。ざけんな!ヽ(`Д´)ノ

2010/04/14

新しいことへのチャレンジ

自分の場合は何か新しいことにチャレンジしようとする時、いつもかなり気が重い。
新しいこと覚えなくちゃいけないし、勝手が分からず戸惑った過去の経験を思い出して、えーまたあれやんのー悲しい・・・と。

しかしイヤイヤ始めても、しばらくしてモノゴトのつながりが少し分かってくると急にラクになり、少しの努力で最初の何倍もの早さで理解できるようになる。そして最後には楽しくなったりすることまである。

とまあ、こんなことを繰り返した結果、今では新しいことは経験値LV0 →LV1 にする最初が一番キツく、LV1 →LV2 はまあまあになり、LV2 →LV3 になると逆に楽しくなるものだと思っている。仕事や勉強など全てそうだった。
そう思うと、始めたばかりの時に感じるストレスも少しは和らぎます。

しかし、そんな中でも株のLV1 へのブレイクスルーが一番キツかったと思う。
だって勉強とかの場合は、どの教科書も一応は正しいけど、株の場合はウソしか書いてない本とか一杯ありますからね。

というか、本屋の株コーナーとか行くとウソ本の山の中に、たまーに本当のことが書いてある本が混ざってるという感じ(´Д`;)。
自分にとって株のLV1 とは、このウソの山の中からどれが信じる価値のあるモノなのか、を見つける作業だった。
これは大変だったし、これだけで3年以上はかかったけれど、多分、見つけたと思う。

考えてみればウソを見抜けと言われても、それには判断する基準が必要なわけで、それを初心者が持っているはずが無い。
言ってみれば卵と鶏の関係で、初心者にとってはキツくて当然。
だからウソに捕まってそのまま退場レッドカードになった初心者山師もたくさんいたに違いない・・・。

でも、このキツさを体験したおかげで、他のことのチャレンジが楽勝に思えてきたのは収穫だった(´ー`)。
もっとも、それほどキツくてもやめないほど、株が面白すぎたのも事実(←株中毒)。

まあ世の中には新しいことにチャレンジするのに全くストレスを感じないフットワークの軽い性格の方もいらっしゃいます。
自分の場合はこんなんだから、そういう性格の人は本当に羨ましく思います。

2010/04/01

外交

普天間で相変わらず揉めている日本。なんか民主党って国家間で決めたことを反故にするなど米にケンカ売ってるようにも見えるけど、こんなことして大丈夫なんかなあ?汗2

まあ純粋に経済関係で日米関係を見れば、日本は大量の長期米国債を引き受けてるし、これをネタに外交を有利に・・・という考えも分らなくはないけど、そもそも日本は国防を米に頼っているのです。

その時点で、この構図はヤクザの舎弟が兄貴に金を貸してるようなものだから、舎弟が兄貴に金返せとか、金返せないなら言うこと聞け!などと言えるわけはなさそうだけど・・・。
もしそんなこと口走ったら「あ?ヤキいれんぞコラ」で終了。しかも兄貴は核爆弾まで持ってるのに対等関係!とか、ちょっと自分は考えられない。
少し前の日経ビジネスによると、米は脳天気たいよう。な日本に対して既に失望して、呆れて、見損なったとのこと・・・。

そもそも株もそうだけど、価値のあるものは下がったときが買い時。米に価値があるかは微妙だけど、だからといって中国だってネット検閲やら死刑執行数とかイマイチな面はまだまだあるし、五十歩百歩な気がする。

だったら今、米の評価が低い時に仲良くしておくのも良いのでは・・・。少なくとも中国よりはルール守ると思うし(建前上は)。

それに将来日本が非常に小くてどうでもいい国になったとき、米と不仲なせいで軍事的放置プレイされたらそれこそマジ恐怖ペンギン(恐怖)
毎日北からのミサイルにビビリながら生活するのはゴメンだ・・・。

まあ子どものケンカじゃあるまいしそんな極端な事は無いとしても、資源も無く人も減っていく国は世界から孤立しては生きられないので、次回の選挙では外交重視の党に入れたいと思います。

2010/03/28

マグロ月間

2004/10/01から2010/03/28現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 19641ポイント
今月までのCAGR(年平均成長率):10.90%


今月は何もせず。ドルが上がったので見た目は結構成績向上(^v^)

そんなことより、今月はマグロですよマグロ!お寿司

ここんとこ首相はウツで辞めるわ、プリンセスはイジメにあうわ、街に出れば空きテナントだらけ・・・といいことナシの日本にとっては久々に胸がすく出来事!

これはGJ!バンクーバーで金メダル10個取るより嬉しいぞ!(´ー`)

いいもの見させてもらいましたー。


お寿司  お寿司  お寿司



以下今月の出来事など。


【矢口師匠の相場観が更新されてた!】
http://s-chart.com/message.html



【今月気に入った動画】
うお!すご!


2010/03/25

劣化コピー

どの分野でも、ズバ抜けた偉業を成し遂げ、一代でカリスマに上りつめる人がいます。

すると当然、多くの信者たちがそのカリスマの本、ブログ、ツイッターなどをフォローしてその技や思考を盗もうと努力します。

しかし、それは少しは効果があるものの、費やした時間のわりには、どうも単なる劣化コピー弟子に終わることが多いよう・・・。(特にカツマーとか?)
特にカリスマの受け売りを熱く語るなどはもう痛くて見てらんない汗

まあ仮にカリスマと実際に多くの時間を共にしたって全く同じ人間になどなれっこないのだから、本やブログでそれができないのはある意味当然。

結局、カリスマに憧れ、カリスマコピーを目指すんじゃなくて、自分オリジナルにカリスマのスパイスを加える方が、まだいい結果になるんじゃね?と思い、最近は凄いと思う人がいても、あまり時間を掛けずにカリスマのエッセンスだけちょろっと吸収するぞー!という程度に割り切って触れることにしています。

で、その方法ですが、意外に本は劣化コピー度が高いと感じる。

本は内容はよくまとまっているけれど、本人が書いていない場合もあるし、書いてても大幅に編集者の手が入っている場合も多い。

だからブログやツイッターのように、本人が違う言葉で同じことを繰り返し言うのに触れるほうが、誤解が少なく劣化度が低いみたいだ。(ネットってやっぱりすばらしい!)

結局、劣化しやすい順に、本、ブログ、ツイッターという感じだと思う。

投資の世界でカリスマといえば、ソロス、バフェット、ジムロジャースとかだと思うけど、たちの悪い劣化コピーにならないようには常に注意したいものです。

2010/03/17

コンプラ嫌ーい(・A ・)

いつも、コンプラとかホウレンソウとかの類の仕事が来るたびに思うのだが・・・

自分には起業する気も才能もまったく無いけど、もし起業して、さらにもし上手く行っても社員数が150人(→参考記事)越えたあたりで高く売れるなら絶対売ってしまいたいと思います!

なぜなら会社が成長してきて社会に与える影響が大きくなると、リーガル関係とか、社内連絡とか、利益を生まない仕事が多くなってきまて、どうしても無駄が多くなる。

そして、日本は妬み社会のため、ある度成長して目立ってくるとすぐに狙われるので、ますますこの類の仕事が増えてくる。

特に公務員のような巨大組織ではその無駄の百貨店という感じで、何か仕事をすると「自分は不正をしてませんよ」ということを証明するための仕事が大量に発生し、それをやるのに多くの時間を使っているとのこと・・・本末転倒。

事業のスケールを大きくすることは勿論ロマンがあることだけど、こういうデメリットを考えると、ちょっとなー。

まあ先進国であれば、やんなきゃ仕方ないのは分かるけど、それにしても無駄だ。

コンプラとかも行き過ぎると害しかないように思います。小学校で学級崩壊してるのも先生が殴れなくなったからじゃね?

とにかくコンプラとかはホドホドが一番良いわけで、その点では今の日本はちょっと行き過ぎてて、1980年代くらいのアバウトさが一番暮らしやすかった気がする。

ま~そう思っても時間は巻き戻らないのだけれど。


オチ無しエントリですんません。すんまそーん