2017/08/18

偉大な経営者の条件

今日の記事は99%前置きですので結果だけ見たい方は最後の3行だけご覧ください。


私はヴェルナー・フォン・ブラウンという人物を最も偉大だと思っています。フォン・ブラウンは1912年ドイツ生まれのロケット工学者で、のちにアメリカへ渡り、アポロ計画の月ロケットを作った人物です。

フォン・ブラウンはロケット工学の先駆者ヘルマン・オーベルトの著した論文『惑星間宇宙へのロケット』を読み、月に行きたい、という強い想いを抱きました。
まだ飛行機も初歩的なものがやっと出てきた時代に本気で月に行きたいと思う事はキチガイ同然ですが、フォン・ブラウンにはそんなの関係ありません。彼は純粋に月に行きたい、と思ってしまったのです。

そこでフォン・ブラウン青年はオーベルト自身が設立した「宇宙旅行協会」の門を叩きました。

そこでフォン・ブラウンはロケット開発に携わり、小さな初歩的なロケットを開発、開発したロケットを有料公開試射して研究費を捻出していました。

しかしロケット開発には莫大な資金が必要です。こんな一般人向けに見せ物ロケットなどを打ち上げていても、そんな資金など作れるはずもありません。

時代は戦争へと突き進んでいた当時、フォン・ブラウンはオーベルトと決別し、ナチスのミサイル開発に参加する決断をします。
当然、兵器を開発するとなれば自分が作った物で人が死ぬのはわかっていても、彼にとっては月に行くためには止むを得ない選択でした。

こうしてより本格的なロケット開発のフィールドと資金を得た彼ですが、その開発は失敗の連続でヒトラーからの信頼を失い、予算削減のピンチに陥ります。
そこでフォン・ブラウンはヒトラーにロケットの開発成功を約束し、人材と資金を調達しました。

フォン・ブラウンが普通の科学者と大きく違う点はここで、自分の野望のためなら自ら資金と人材を集める経営者的な才能を併せ持つ事です。
なんせ彼の夢は月にいくことなのです。彼にとってはヒトラーでさえ自分の野望を実現するための単なる道具であり、利用できるものは何でも利用する老獪さも持っていました。

そしてついにフォン・ブラウンはV2ミサイルを完成させます。その記録映画を見たヒトラーは感動で言葉もありませんでした。このV2に開発中の原爆を載せれば、もはや地上に敵は無くなるからです。この時点でフォン・ブラウンは地球上で最も月に近い男でした。

V2は即座に量産化されてロンドンに向けて発射され、イギリス国民を恐怖のどん底に叩き落としました。

しかしすでにその時、戦局は完全にドイツ不利となっており、V2をもってしてもこれを逆転させるには至りませんでした。ドイツの原爆開発が遅れていたためです。さらに敗色濃厚になったナチスは敗走の際に秘密基地を破壊し研究者を皆殺しにしていました。

それを察知したフォン・ブラウンは、V2の技術と部品をもって脱走し、アメリカへ亡命する計画を立てます。なんせ彼の目標は月に行くことなのです。こんなところで死ぬわけにはいかないのです。

そしてある夜脱出計画を決行しますが、途中でナチスに逮捕され、フォン・ブラウンは絶対絶命のピンチに陥ります。
しかし収容所が連合国側の爆撃を受けたドサクサに紛れてフォン・ブラウンは仲間の研究者と脱出。ある研究者はソ連の捕虜になり、フォン・ブラウンは九死に一生を得て国境までの逃走に成功。アメリカへと渡りました。

こうして命からがら新天地へと渡ったフォン・ブラウンですが、そこに夢を実現する明るい未来はありませんでした。

アメリカはフォン・ブラウンのロケットについて冷遇したのです。
これはフォン・ブラウンがドイツ人であったことに加え、当時アメリカは世界唯一の核保有国であり、軍事的に圧倒的優位だったためです。

こうしてフォン・ブラウンが月に行くための貴重は研究時間は浪費され、その間にソ連では元研究仲間たちによるロケット開発が進んで行きました。
そしてソ連は程なくして核実験に成功しアメリカに追い付き、さらに人類初の人工衛星の打ち上げにも成功しアメリカを追い越しました。
これはアメリカ全土がソ連の核ミサイルの射程に入ったことを意味します。

この事態に慌てたアメリカは、ようやく本気でロケット開発に着手しますが失敗が連続しました。
メンツ丸潰れとなったアメリカは、ついにフォン・ブラウンに国の威信をかけたアメリカ初の人工衛星の開発を託し、フォン・ブラウンは見事にそれを成功させました。

しかし、今度はすぐにソ連は有人宇宙飛行を成功させ、世界に常にアメリカの一歩先を行っていることを証明します。

もはや完全に自信を失った当時のアメリカの大統領であったケネデイはフォン・ブラウンを呼び出し、アメリカが月に人類を送る事が可能かと聞きます。
もうアメリカの威信を回復するには、人類を月に送ると言う相手のいないレースに出てそれに成功させる事しか残されていなかったのです。

フォン・ブラウンはケネデイに成功を約束し、ケネデイの有名な演説により有人宇宙飛行計画(アポロ計画)が始動しました。

フォン・ブラウンはついに自分の夢を実現するステージを手に入れたのです。
結果的にフォン・ブラウンはアメリカ大統領までもを自分の野望の実現の道具にしたことになります

ケネデイの演説後8年以上の歳月と10兆円以上の費用をかけ1969年、ついに人類は月に降り立ちました。

加齢のためフォン・ブラウン自身が月に行くことは叶いませんでしたが、彼が少年時代に抱いた夢は実現したと言えるでしょう。


このように、偉業を成し遂げる人物に必要な能力は、夢を実現したいという純粋な思いを数十年も持ち続ける一方で、その実現のためには何でも利用する老獪さを併せ持つ事と私は思っています。



この話をもっと詳しく楽しく知るには漫画がおすすめです。


こちらのドラマもおすすめします。

2017/08/13

建値を忘れる一つの方法

「建値を忘れよ」とは昔の相場格言です。
自分が買った値段なんてミスター・マーケットは全く考慮せずに値段を付けてくるのですから、そんな事を気にしている暇があれば、さっさと売るか買うかでも考えた方がよっぽどマシということです。

この格言は現代のプロスペクト理論の主要な部分と同じだと思いますが、そんな理論を知る由もない昔の人が、とっくにそのキモをたった6文字でシンプルに表現し終わってるのは面白いと思いました。

しかしそれを聞いても、人間はそうそう実行できるものではありません。
これの対策としてQ先生が以前に何度も推奨していた、これまたシンプル極まりない方法が使えると思います。

それは「株が2倍になったら半分売って、残りはタダ株にして忘れしまいなさい」というものです。

そんなご無体な、と思いますが、確かに元をとってしまえば残りが仮に0になったとしても損はありませんので、保有する精神的コストは劇的に下がります。
ウォーレン・バフェットも株は1に損しないこと、2に1を守る事と言っていましたし、タダ株にすればこれも守れます。

ですが私のポートフォリオには簡単に2倍になるような銘柄はあまりなく、現実に2倍になったのはアリババくらいなので、さすがに今のポートフォリオを半分売って現金にするようなことは考えていません。

しかしながら、そもそも今のポジション量はリーマンショック以降に利確した範囲内レベルに抑えているので、ポートフォリオ全体がQ先生のいうタダ株と言えなくもない。


するとです、最近は本当に建て値を忘れてしまうんです。


つい先日買ったSOとNGGも、ガチでもう幾らで買ったのか今日思い出せませんでしたw
それで今日この記事を書いてみました。

タダ株にすると株を保有していることさえも忘れてしまえるというQ先生の教えは、どうやら本当のようです。

今は相場が好調ですから、たっぷり利の乗っている人はこの殿様モードに入れるチャンスともいえますので、いちどそんな視点でポートフォリオを整理してみるのもいいかもしれません。

2017/08/09

タワマンでペット戦争勃発

最近、私が住んでいるタワマンの管理組合議事録を見るのが楽しみです。

ことの始まりは、とある高層階の住人が2匹目のペットを飼い始めたらしいのです。

しかしマンションの管理規約でペットは1匹のみという規則がありますので、これが本当なら住人側の規約違反となります。

管理組合によると、この住人は2匹目を飼っていることが明白なため規約を守るよう再三にわたって警告したそうです。

一方、住人側はそんなものは居ない、の一点張り。

管理組合は防犯カメラなどを確認しているはずであり、まあ住人側が吹かしてるのだとは思うのですが、お互い金もスキルもある者同士なので、あっという間に弁護士や裁判所が登場する戦争状態にw

この試合経過が毎号の議事録でアップデートされており、あたかも連続テレビ小説のようで大変面白く読ませていただいています。

なまじ金もスキルもあると、無駄な意地とプライドで余計なエネルギーを使ってしまうものですね。


2017/08/05

【超ド底辺目線】マイクロソフト定性分析

最近、外出先から投資の注文や情報収集をしたい場面でスマホだけでは出来ない時があって困っています。
iPhoneはFlashが動かないし、エクスプローラーも無いので、痒いところに手が届かないというか、ここ一番という場面でやりたいことが出来ないんです。

もしかしたら頑張ればiOSでもやる方法はあるのかもしれませんが、そもそもゆるい性格なので頑張りたくない(笑)
だって今まで覚えたエクセルの操作、便利にした環境整備、これもう一回やり直すのはダルすぎます。

これがマイクロソフトのワイドモートか!完全にマイクロソフトの思う壺に嵌まって財布になっている自分・・・。

いやいや、まてよ?

自分はマイクロソフトの株主だから、マイクロソフトは自分の財布じゃないか。
と言うことは結局何だ・・・?自分は自分の財布だったと言う事か!そうだったんだ!
なんという転生・・っ!回帰・・っ!

などと、どうでもよい事に思いを馳せて、しばし時間を浪費。



さて、ではどうするかです。
とりあえず外でWindowsが快適に使えればいいのです。となると、現行機種ではサーフェスかなと思ってヨドバシに見に行くと10万円くらいでOfficeの入ったサーフェスが売っていました。

結構安い( ^^) と思って詳しく見ていると、あれ・・・このOffice、365って書いてある。何々、1年間無料でその後は月500円のサブスクリプション・・・(´_ゝ`)

こんなの一般人だったら「あっ!Office付属で安いじゃーん」とか思って買っちゃうだろ・・・仮に1億人が毎月5ドル払ったら年間60億ドル。こりゃマイクロソフト儲かる訳だわ。
MSFTはうまい事、既存顧客をクラウドに事業転換できてるようだ。(それと比べて対照的なのはIBM)



次にサーフェスのCPUを見る。しかし10年前ならいざしらず、もやは型番だけではパワーのイメージがさっぱり。
そこでベンチマークサイトで今使用中のノートPCとのスコア差を見てみました。
が、これが意外にも大した差が無い。

そういえば今のノートPCは買って2,3年経っているのだけれど、確か買ったときは一番高いのを買った気がする。だから今でも十分なパワーがあるんですね。
メモリも8GBと十分だし。

ならばスペック的にはまだ使えるし、わざわざ買い替えるのはちょっとモッタイナイような気がしてきた。

そこで考えたのが、家のでかいノートPCはサーバーとして常時電源ONにしておいて、外からリモート操作してはどうかという方法。これなら出費ゼロで思っていたことが出来ます。

これはいいかもと思って早速ググると、グーグル・クロームにリモートデスクトップを入れると簡単に出来るという情報をゲット。
試してみるとあっさりつながりました。なーんだ簡単ジャン!



という訳で、「本ケースはクローズさせていただきます」とAWSのサポート風に完了になる予定だったのですが・・・そうはいきませんでした。使っているうちに重大な問題が発覚したのです。

クロームのリモートデスクトップはソフトキーボードが日本語Windowsに対応しておらず特殊キーがほぼ全滅。漢字入力もできないじゃないですか。これじゃ使えない!

再びググってみたものの、どうも解決方法はない模様でマイクロソフト謹製のリモートデスクトップを使うしかなさそうでした。
もはやグーグルにとって日本なんてローカライズする価値もない国だと思われているのかな・・と少し悲しくなりましたが、諦めるしか仕方ない。



しかし、だからと言ってマイクロソフト謹製のクライアントアプリをiPhoneで使うには、ホストPCのWinをProをアップグレードする必要があり、14000円くらいかかります。

うーん、どうしよう・・と思いましたが結局他に良い方法が見つからないので、仕方なしに家のPCをProにアップグレードしてしまいました。こうやってマイクロソフトは儲かっていくw


さて、金も払ったし、もうこれで大丈夫だろと思いきや、ここからまだ試練が待ち受けていたのでした。。。

つづく・・