2008/12/27

鬱月間

2004/10/01から2008/12/27現在までの投資成績

投資生活ブログ

金融資産 : 1,149,566点
投資収支 : -97,830点

市場参加者のほとんど全員が鬱になったかの如く動きの無かった今月。
ま~サンクスギビング後のアメリカは寝てるのと同じというのもあるけど、その他の要因も分からんではない・・・。

今の市場の雰囲気は下がるか下げ止まるかの2択しか無いもんね・・・。こんなときはカラで売るしか取れないけど、為替はともかく株で売って負けるとムカつくので自分はやらない主義。

そんなしょうも無いポリシーを貫いた結果、今年の成績は年初145万ポイント→年末114万ポイントで-21%でした。リーマンショック時に買い込んだのが痛すぎ!ショック!
とはいえ、ハンセン指数は25122→14184で-43%なので個人としてはまあまあ?(*'ω`*)って思うも、まるで某宗教団体みたく交通事故にあっても

「ああ、死ななかったなんて俺はなんて幸せなヤツなんだヽ(´ー`)ノ」

と超ポジティブシンキングするような話で


そんなん嬉しくねぇっ!ヽ(`Д´)ノ



それにしても本来はこんな時ほどバリュー投資家の出番なはずだけど、そもそもバリュー投資家が担保としているのはその企業の事業価値。

ところがその事業価値、大抵は過去の情報と「今後2~3年に対する現在とりうる情報」を元にDCFで出した価値なのだけど、今の状況はその「今後2~3年」が不透明すぎて予測不能。なので結局、割安と判断するに至らずバリュー投資家といえども手が出ない。

でもそれだと結局、バリュー投資とは言うものの単なる「マクロ経済のチャート」を基にしたテクニカル投機みたい。それなら最初からテクニカル1本で毎日デイトレしたほうがいいような気もする。これでは本当のバリュー投資とは言いがたい。

バフェットみたいな本物のバリュー投資家は、この辺どう見てるんだろう?
それとも10月に2兆円も買い越した彼の行動がその答えなのか。
深い・・・投資は最後はやっぱりアートの領域。


ところで、せっかくこんだけ景気悪くて特定業界への支援とかも容認される雰囲気になってるし、どうせ財政出動するんなら電気自動車とか新エネルギー開発&普及支援すればいいのに、と思う。

そうすれば日本の基幹産業である自動車とエレクトロニクスの業界は助かって雇用も増えるし、環境にもいいし、将来の日本の競争力にも繋がって一石三鳥なのでは?

今ならできるし、今しかできない。なぜやらん!また利権がらみ?もったいないな(´・ω・`)。

という訳で今年も乙でした!('A`)ノ

よいお年を!

2008/12/23

貰い過ぎ

自分は食べ物にはわりと執着があって、他のことはさておき「何食べよかなー」と考えることには時間を惜しまないのでございますが、そんな自分でもたまには「何でもいいや」と思う時があります。

特に雨の降る日はそんな気分になりやすい。
少し前の日曜日がまさにそんな天気だったので、メンドくなって近くのホカ弁に行きました。

すると昼間なのになぜか閉まってる。日曜日に定休日はありえないので不思議に思ってたら何やら貼り紙発見。

「永らくご愛顧賜り・・・」

あぁ!?逝ってるよ!!(;゚д゚)・・・。

そういやここのオヤジ、この前来た時異様に肌がどす黒く、なんか犯罪でもやらかしそうな目してて、大丈夫かこいつ?!
  _, ._
��;゚ Д゚) ・・・

と思ってたけど、そうか、経営がくるしかったのね・・・。


こういうの見ると本当に不況を実感。
同時に、こんなホカ弁屋一つでも開業するにはオーナーは1000万くらいは出してるはずで、そんなことに思いを馳せると泣けてくる(ノ_・。)


そういえば最近の不況で他にもコンビニとかも潰れてるのをよく見かける。コンビニの場合はまともに開業したら3000万位は逝くので、弁当屋よりさらに悲惨。
それでいて粗利なんて、廃棄とかも考えたら平均10%もいけば良い方なはず。しかも年間4000時間も働いて・・・。

そう考えると仮に年収300万円のサラリーマンでも、それだけの利益を得るために会社は相当大きな売上高を上げなくてはならない。例えば、もろもろの諸費用に一人あたり300万かかるとすると、1人の社員に掛かっている費用は合計年600万。

するともし粗利が20%だったら1人あたり3000万は売上げないといけない事になる。社員4人だったら1億2000万。しかもそれで儲けは無しだ。

自分が社会に放り出されたら、はたしてそんなに稼げるのか・・・?
起業とはそういうこと。
だからサラリーマンは何だかんだ言って貰い過ぎかもしれない。

これまで何人も起業するために会社を出た同僚達はいたけど、彼らは元気にやっているだろうか。
でも仮に失敗しても、やらずに後悔するよりも、やって後悔した方が全然いい。

なので自分もそこまで決心してまでやりたいことがあったらやると思うけど、あいにく自分は株より面白いことを未だに発見できず。
だからこそ実際に起業してこの不況下を闘っている人は素直に応援したい。

でもま~株も1000万くらいすぐ損しますけどねヽ(´ー`)ノ

2008/12/19

米国が0%金利になっちゃったよ(;゚Д゚)!

先日のFOMCでついに米国のFFレートが0%に!
こんなことが自分の寿命の尽きるうちにくるとは思わなんだ。

それはさておき、これを見て激しく気になったのが、香港ドルとか中東とかのドルペッグ制をとった通貨の今後。

ドルペッグ制の国は、ドルに対する金利調整でその制度の維持運用を行っていると聞いたことがある。

つまり、自国の通貨が買われすぎたらドルより自国通貨の金利が下がり、売られすぎたら金利が上がる。

ペッグ制ではレートによる価格変動リスクがほぼないので、純粋に金利が高ければ自国通貨に対する需要が増え、低ければ減るので、金利差によって通貨の出入りを調整できる。

こうしてドルに対しての自国通貨の出入りがなるべくバランスするようにする。

しかし、今のようにドル金利が0%の状態で、もし自国通貨の需要が一方的に増えてしまったらどうなるか?

金融当局は、ドルより金利を下げて対応することができず、ペッグ維持にはドル買いするしかない?そんなのいつまでも続くとは思えないし・・・。結局切り上げを繰り返したのち変動相場へ向かうのか?

ともかく、ドルペッグ制通貨のドルペッグを前提にしたテクニカルな為替取引はやめといた方が無難かも・・・

突然梯子はずされたら即樹海(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2008/12/13

投資の順番

株や商品が暴落してからというもの、巷ではすっかりキャッシュ最高!(≧▽≦)という感じですけど、自分はどうもこれがピンと来ない。

以前に現代のお金は「単なる誰かの借用書」と書きましたが、お金なんて信用崩壊したら本当に単なるインクで汚れた紙であってそれ自体には価値はない。

そもそも、その汚い紙の信用を担保してるのは突き詰めて考えるとその国の資源と人(企業)。

仮に信用崩壊して紙幣が紙くずになるような緊急事態になっても、その担保自体の資源や企業(そういった非常事態さえも乗り越えられる会社に限るけど)には、その時に価値があるモノを稼ぎ出す力がまだ残っている。紙幣が価値を持つ時代なら紙幣を、貝殻が通貨の時代なら貝殻を、稼ぎ出せる力がある。

なので、財産の保全のために買うなら金の延べ棒とか、企業の株がいいと思う。
モノとヒトのどちらに投資するかはその人の価値観によると思いますが、自分は継続的に価値を生み出す株のほうが好き(*゚ー゚)。

実際、過去に日本で預金封鎖されて紙幣が紙くずになった時、株は以前の価値を保全できたと聞いたこともあります(くどいようですが潰れないような会社)。
というわけで、自分としてはキャッシュより株を持っていたいと思う。

・・・と思ったけど、まてよ!?

これをもっと突き詰めると、株より先に自分自身に投資してどんな境遇・時代でも価値あるモノを稼げる能力をつけた方が良くね?
自分に能力さえあれば、万が一持ち株の会社が潰れてもまたお金稼いで別の株買えばいいし、最悪、共産主義になったら権力でも手に入れればいいし。

要は「そのとき価値のあるもの」を「その場で調達」できる能力と人脈をつけるのがベストではないか!( ゚д゚)

結局のところ投資の順番としては、借金してでもやってみたいことはサッサとやって、勉強したいことは先にして、自分への投資が終わったら、その能力を使って稼いで株でも買って、それさえも飽きたら、そこで初めてキャッシュを貯めこめばいいんじゃないのか。

まぁ自分の場合は上記の株買うところを卒業する前に人生が時間切れになりそうですけど・・・。



よぉし、そうと決まったら早速、好きなことしなきゃ!!(゚∀゚)

何しようか。。。

オレの好きなことといえば・・・


・・・株(爆)

2008/12/05

いいリーダー悪いリーダー普通のリーダー

唐突ですがリーマン研究家(笑)である自分の研究成果によると、リーダーの良し悪しを見分けるひとつの要素として「自分のチームの”使えない奴”にどう対応しているか見る」というのがあります。

いいリーダー悪いリーダー普通のリーダーでどう対応が違うのでしょう。

普通のリーダーは、自分のチーム内に「使えない」と判断した人がいると「いなかった事にする」という行動に出ることが多いようです。
まぁ当人にとっては「干された」状態ですね。

さらにこの施策を続けて、当人を放置状態にしておくと他のチーム員の不満が高まることも多いので、その不満の解消のため当人をいわゆる村八分にしてしまうこともあるようです。



次に悪いリーダーはどうするかというと「自分の全能力を使って追い出す」という行動とるようです。自分のコネクションや信用を全力で使ってチームから当人を追い出すと。

これが何で悪いのかを自分のリーマン研究結果から解説しますと、リーダーが何度も粛清するのを目の当たりにしてしまったチーム員は「このリーダーの前でちょっとでもミスしたら抹殺されてしまう」と思ってしまうからです。
するとチーム全体の雰囲気がだんだん北朝鮮の恐怖政治みたいになり、だれもリスクをとろうとしなくなります。
結果的に、そのチームからは革新的な成果は出にくくなります。

さらに良くないことに、リーダー自身が何かミスった場合、チーム員は助けてくれるどころかむしろ敵に回り、リーダー自身が粛清されてしまいます。



では良いリーダーはどうなのか。これは、何というか、「無償の愛を与え続ける」ような感じです。周囲からアイツとそんな長く付き合ってて頭きませんか?と質問されるくらい大らかに接します。

これがどういう結果になるかというと、ある程度時間が経つと、当人が「自分は仕事は確かに出来ないけど、とにかくリーダーを助けたい」という気持ちを持つようになります。
すると仕事とは能力xコミットメントで表されますので、能力が低くてもコミットメントが極大まで上がるため、使えない奴が意外な活躍を見せるようになります。

これはリーダーの性格のなせる業でしょうか。普通の人には難しいと思います。

ただ、良いリーダーのもうひとつの条件として、誠実でない者だと判断した場合は容赦しない、というキビシイ面も要求されます。これが無いと今度は他のチーム員が怒り出します。



とまぁリーダーのタイプを書いたわけですが、言うまでも無く企業のリーダーの最高峰は”社長”

自分の持ち株の社長は果たしてどのタイプでしょうか!?
景気が悪くなったからといって、機械的に人員削減とかしてないでしょうか??

なかなか外からは分からないだけに小さな情報にもいつも注意していないと判断できません。

��.S.
ウチの会社は使えない奴ばっかりでそんな悠長なこと言ってたら潰れちゃうよ!( ゚д゚)という場合はどうするか。
これは、使えない奴ばかりを採用してしまったということは、リーダー自身(社長)が人を見る目がない=使えない奴、なのでそりゃつぶれて当然と思われる。そんなトコからはサッサと逃げ出すのが吉ヽ(´ー`)ノ