2009/07/25

ネガティ部入部月間

2004/10/01から2009/07/25現在までの投資成績

金融資産 : 1,720,812 ポイント
投資収支 : 381,987 ポイント

今月も堅調な相場。最近の底堅さを見て、穴倉で震えていた資金が出てきたとか?
のどもと過ぎれば何とやらと言いますが・・・本当にこんなんでいいのかー!?

まあおかげで自分の投資収支もほぼ昨秋の暴落前に戻ったけれど、確定してない利益はまさに「絵に描いた餅」という事もここ一年で散々思い知らされたのだった・・・(-_-メ;)

なにはともあれココで皆と一緒に脳ミソバラ色ブーケ2にしてお買い物に出かけて勝てるとはとても思えず、またもや今月も放置プレイ。いや、買うどころかむしろネガティブ気味。

確かに底値を割るような事態は絶対許さない、という世界中の共通意識は感じるので、大暴落がすぐまた来るような気もしないけど、だからと言って上値を追う理由も全く無い。

という訳で短期的にネガティ部に入部中!もしこれ以上高くなったら少し売ろうと思います。



さて、そんな今月ですが、ちょっと気になる情報を発見。

投資に関する情報は毎日洪水の如く発信されていますが、自分にとってはその場で後付け・根拠なし・ポジトークと判断して捨ててしまう情報がほとんどです。

しかし、そんな中にもこれは看過できないのでは?・・・という情報もたまにあって、今月はそんな情報が2つあったので下にメモメモφ(・_・")


ドルインデックスが大抵抗線

投資生活ブログ-DX_Y0_custumchart


ドルインデックスとは、各通貨に対する総合的なドルの強さを示します。
例えばUSD/JPY、USD/EUR、USD/GBPなどを”銘柄”だとすると、ドルインデックスはそれらを平均した指標であり、為替の日経平均みたいなものです。

これが25年という長期で見ても、ご覧のとおり大きな節目を迎えています。テクニカル的にはここを下抜けると大暴落しそうです。

と、世界中で注目されている節目ですから、当然ここを割ったらすぐさま売り仕掛けようとしている投機家はたくさんいると思います。


米国債の連銀自身の買いが「諸外国の中央銀行買い」に「項目分類の定義を変更」 された模様。

「米国債の連銀自身の買い」がリンクしたPDF内にある”Indirect Bidder”に組み込まれた、とのことです。

つまり米国債の入札に連銀自身が入った、と言うことで、これで米国債の入札が不調に終わることは今後ともほぼ無くなった、と自分は理解しました。

現在のドルとは、ぶっちゃけ言うと放射性廃棄物のようなもので、もはやフタをして触らないようにして保管するしかないのです。

日本も中国もたくさん米国債を持っていますが、これらの国がこれを突然「売る!」などと言うことは、もはや経済的核ミサイルのボタンを押すのと同じです。

そんな事を言えば一気に米国債が暴落し、どの国も連鎖的に潰れて地球全部が潰れてしまいます。(もっとも、その前に本物の核ミサイルが飛んで来そうですが・・・。)

したがって、そういう既発債が突然売りに出てくる心配は無いと自分は思っているのですが、先日のラトビアの国債発行へ対する入札がゼロだったように、新規の国債の消化が出来なければ、やはり同じことです。「国債の消化が出来ない」=「その国が事実上破綻したと他が認めた」という事になるからです。

そんなことが万に一つでも起きないように、仮に入札がゼロになるような異常事態が起きても「見かけ上」は健全に消化し続けていることにしよう、という事だと思います。

ハッキリ言って完全なインチキだと思います。

入札が無かったら自分自身で入札して「ハイ、完売!やっぱ米国債は安全でしょ?」という、寒すぎる話ですが、これは他の統計でも同じようなことが行われています。

例えば消費者物価には、価格変動の激しい商品は意図的に外されていますし、日本の失業率は「就職活動をしている人」しか失業者としてカウントしないことによって低く見せているだけなのと似ています。
こうして、政府の都合のいい数字を作るのです。

しかし、こんなインチキがいつまでも続くはずが無く、このままではドルと米国の崩壊は避けられません。そこで大インフレと商品価格の大暴騰に備えて、ドル売りや商品買いをする、というのが真っ当な予想です。




という2つのニュース(情報?)を見て、自分はどうしようかと思ったのですが・・・

よくよく考えると米国のインチキは30年前からお馴染みのことだし、幾度と無くピンチに陥りつつもいつも何とかして来たのも事実。

それに、現状では日本も中国も他の誰も、もう絶対米国債なんか買わないもんね!とは言ってないし、オバマ大統領、ガイトナー財務長官、クリントン国務長官ら自らが米国債のセールスマンとなって、それなりに成果も上げているらしい。

これに、いつまでたっても米国債の格付けが不自然に「AAA」であるという怪しすぎる事実を加えて勘案すると・・・どうやら米国は、

本気らしい

と思うのです。どんな汚い手を使っても、絶対にドルを守る!という気迫を感じる。

従って、ドルはこれからかなりの長期の間、安値圏は余儀なくされても大きな底割れ→ドル崩壊とはならないと予想し、安い場面があれば少しずつ外貨建て資産に移してもいいと思います。

そう思うのにはもう一つ理由があって、1~2年の短期間ならともかく、5~10年といった長期間の円高が続くと日本の企業はシャープのように地産地消にシフトせざるをえず、国内からの輸出という産業構造がかなり変化して経済的焼け野原になるかもしれません。

すると、いつか来る本物の景気回復時に円安が起きても、もはや工場や労働者が国内にないので円安で日本が受けられるメリットは今よりずいぶん少なくなっており、海外の投資家としては円を買う理由が消え、円安が止まらなくなるかも、と思うからです。

もしもそうなると、基本的にエネルギーや食料を輸入に頼っている日本は、円安という形で今までのストックをジワジワと諸外国へ取られてしまうような構図になるかもしれません。

2009/07/21

有償増資①

最近、もしQを読んでいると、香港に口座があれば中国株の有償増資に応募できるというコラムがありました。いままで出来ないと思い込んでいたけど、実は出来るらしい。

そういえば、このサイトからリンクさせて頂いているブログでも、応募できたというレポートが以前ありました。
まぁどっちにしても、この前のヘンタイの増資は応募できてもしなかったからいいけど、今度機会があったら挑戦してみよう。

ところで、せっかくなので、ここで有償増資について一度まとめておこうと思う。

公募増資、第三者割り当て増資、株主割当増資など有償増資と聞くと株価が暴落するケースが多いので、有償増資=悪と脊髄反射しがちだけれど、増資とは本来は必ず悪とはいえない。

増資にもいろいろあって、中には良い増資もあります。それはどんな増資か。


まず、増資には前向きな増資と後ろ向きの増資があります。前向きな増資とは、

「お金さえあれば事業拡張できてもっと儲かるのにな~しょぼん

「じゃあ増資してお金集めよう!」

というもので、後ろ向きなのは

「やべぇえー・・・このままだと潰れちゃう!」

「背に腹は変えられんので増資で・・・」

と、いうものです。

もし、今やろうとしている増資が後ろ向きならこの時点でアウトでOK。最近ではANAの増資がこれに当たると思います。

そうではなくて、どうやら理由が前向きらしいと思ったら、次は集めたお金で何をするつもりなのかを見ます。ここで必要になるのが、集めたお金を突っ込もうとしてる事業の「リスク」。

なぜリスクを考えるのかと言うと、もし低リスクの事業をするつもりなら、増資などせずに銀行から借り入れるのが本筋だからです。

そもそも増資=エクイティファイナンスでの資金調達は、銀行借り入れよりも資金調達コストの高い方法のはずなので、その高コストに見合う高リターンでなくてはならない・・・。

要するに、サラ金からカネを借りたら普通預金で運用するなんて馬鹿なことはせず、30%程度は利回りのある別の投資をしなくてはならないのです。

つまり増資でお金を集めるからには、その企業がハイリスク・ハイリターンの
「当たれば大きいけど、当たるかどうかイマイチ分からない」
事業をするつもりでなければ合理的とは言えない。

リスクが低いなら銀行から借りろよ( ゚Д゚)!?というわけです。

もし、こう考えて納得いかない使途だと思ったら、そのような財務オペレーションをする会社、と判断して今後は警戒したほうがいいと思います。

さて次に、割り当て価格。

当然ですが割り当て価格が安すぎたら既存株主は怒る。株主全員に権利がある株主割当増資ならまあいいとして、第三者割り当てだったら怒り心頭です。

これは単純化してみたら分かりやすい。例えば自分が年1000万円のキャッシュフローの出る権利を持っていて、その権利の半分、つまり権利を2枚に分けて1枚を売るなら、一体いくらで売るだろうか。

10万円で売るはずはないでしょう。なんせ権利保持者が倍になっても年500万円も収入の見込める権利です。
この場合は予想されるキャッシュフローの約10倍、5000万円くらいなら自分だったら売ってもいいと思います。
この価格は、この権利を売ったお金を元にさらにキャッシュフロー増大が見込めるなら、もっと高くなります。

つまり増資後の業績を予想して自分が妥当と思う価格以上での増資(=新規株主に売りつける)なら、既存株主としては喜ばしいことで、それ以下なら安売りするなよ!むかっということになる。

このように前向き・後ろ向き、価格の割高・妥当・割安の各組み合わせを考えると、投資家にとって歓迎するべき増資というシチュエーションは前向き+妥当以上の株価での増資だけなので、ケースとしては少ないことが分かる。

それで、一般的には増資と聞くと鬼のように売られるのだけれど、上記のように時には良い増資もあるので、増資と聞いてよく吟味せずにただ機械的に売っては損するときもあるし、ましてや脊髄反射でカラ売りなんかしてたら、いつか死ぬことうけあいです。

しかし有償増資の合理性の判断をするのは、ここまで見てきたようにかなり骨の折れる作業です。
ですから投資家としては、正直言ってメンドクセェから銀行から借りてくれよ!といいたくなる。

だから四季報とか見て過去にしょっちゅう増資してる会社は最初から敬遠しておくのが吉です。

というのが一般的な増資の話なのだけれど、中国株に限ってはさらに特殊な事情もあるのです・・・

次回に続く


※P.S.
この他に、デッドエクイティスワップなどテクニカル的な理由で行う増資もあります。この場合はまた別の判断基準になります。

2009/07/08

プリウスの値段

プリウスが売れに売れて、新車販売一位になったとのこと。
自分も少し前に試乗して、どう考えても205万円はお買い得と思ったので、これは納得。

でもこの値段・・・トヨタがプリウスの価格を205万円と発表した時、ホンダの社長が ”一体、採算性はどうなっているのか!?” と言ってたのを覚えています。

ホンダの社長が皆の前でふて腐れるのはポジトークもあると思うれど、それにしても想定外の安さだったと思われる。

しかし不可能を可能にするのが開発。それに皆が不可能だと思っていたこと誰かが実現すると、一般的にその後次々に実現する人が現れます。

例えば100年解けなかった難問を誰かが解くと、途端にさまざまな別の解法が発見されたり、スポーツの新記録も一度誰か破ると次々に達成者が出たりです。
人類は誰もが出来ないと思ってたことを、できると思い込んだ偉大なるキチガイ達が実現させたことによって発展してきたのだ。

なので、この205万円という価格もトヨタにとっては十分利益が取れるという自信が既にあり、価格発表時に驚いてた他のメーカーも、今後は何だかんだ言いながらやっていける価格なのかもしれない。

・・・と、通常時であれば思うのだけど、一つ心配なのがこのプライスが昨今の経済的異常事態の最中に決まったこと。

まさかとは思うけど、将来のコストダウンを見込んで、現時点では無理な値付けだったなら、ちょっとおかしな事になるかもしれない。

トヨタがプリウスを205万円で売ったら、他メーカーが同等のクルマにこれ以上の価格をつけるのは難しい。
すると、大昔、手塚治虫が自分の作品をアニメ化したいばっかりに不当に安い値段で引き受けてしまい、後続の人たちが”手塚先生より高い金はとれない”というわけで不当に安い制作費が常態化し、業界が地獄化したようなことになったりして・・・。

まさかね・・・超円高や石油ショックを乗り越えてきたトヨタにそれは無いと信じたい。

まあ消費者としては安いことは万々歳なので、ちょうどクルマの買い替えの時期の人は、ツイてましたね。買うなら今だ!(^^;)