2010/05/31

調整?月間

2004/10/01から2010/05/30現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 19575ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):8.33%


月末にかけて持ち直すも、調整色が強かった今月。
成績は予想通り円高x株安で大幅悪化。あーあヽ(´ー`)ノ

ユーロ安から始まったこの今月の下げについて調整とみるか、次なる不況の始まりと見るかは微妙なところ。

自分的には世界中で散々出してたクルマや住宅の補助金がそろそろ終了なので、この後どうすんの?と市場のみんなが思っている下げのような気がしているので、プチ不況がまた来そうな気がする。

まあS氏とかは何も新しい弱気材料は出ていないとやや強気の模様。単なる調整で終わるかな?

まあ安くなれば買いますし、実際に既に指値で注文は出してますけど、自分は一日二日しか買うチャンスが無いような調整は本当の買い場とは思わなくて、本当の買い場は2ヶ月くらい地の底を這いつくばっているような状態だと思ってるので、仮に指値に引っかからなくてもまあいいか、というところ。


そんなことよりこの前売ったゴールド・・・おれの黄金証券返してーー!(;´Д`)

しかも今月一瞬だけ1170ドルまで下がった時今だ!買戻しじゃー!って思ってパソコンP.C*開いたら、その日香港休日で買えんかった・・・ガクリ

2010/05/27

真剣勝負

初めて株を買ってすぐに分かったけれど、本格的に株をやるようになってからますます確信したのが、実際にリスクを取って買ってみる「真剣勝負」と「バーチャルや理論」は全く別次元ということ。

綱渡りに例えて言うなら、理論やバーチャルが地上1 mでやる綱渡りで、真剣勝負が地上100 mでやる綱渡りのよう。

地上1mでいつも上手に出来たから、ハイじゃあそのまま地上100 mでやってみよう!と言ったって絶対出来ない。落ちたら死ぬというプレッシャーの前には、地上1mで出来た経験や自信など正に砂上の楼閣。

この辺は、リーマンショックやITバブルを「中の人」で体験した人なら同意してもらえると思う。

また、リスクを取ったとしても、1 年間貯めた100 万円でやるのと、30 年働いてもらった退職金2000 万円でやるのも大違いだし、同じ100万円でも、リーマンサラリーマンが趣味でやるのと専業でやっている人とも違うでしょう。

同じように、自分なら、売り上げ1000億円の大企業のサラリーマン社長より、自分のリスクで銀行から1億円借り入れて地元の小さなレストランチェーンを経営している社長の方が、ずっとすごいと思う。

それにしても、これほどの思いで市場からもぎ取った株の儲けを、どうして某国会議員のように、株主配分が多すぎるとか言えるのでしょうか。

そもそも、そんなにずるい儲けだと思うなら、誰も株を買うことは禁止していませんので、どうぞご自分もご自由に株主になられたらどうですか、と思います。

それをしないところを見ると、本当は知ってるんじゃないですか?

株なんて儲からないということをロシアン 得意げ

2010/05/26

金だけ増えてもあんまり意味無いよなあ。

これまで、終末期に全権力を使って不老不死を目指した王や皇帝も多かったようですけど、結局誰一人としてその願いを達成することはありませんでした(当たり前)。

それほどの人物が最後に求めたのが生きている時間ですから、やっぱ人にとって一番大事なのは時間なんだろうと思う。

現在、日本人の平均寿命は80歳くらいですが、生まれつき難病を患って20歳で亡くなる人もいれば、一方では100歳まで生きる人もいる。

しかし、これは20歳で亡くなった人が早く死にすぎたのでもなく、100歳まで生きた人が長生きし過ぎたわけでもなく、単に各個人の寿命が20年だった、100年だったという事ではないか。

各個人には持って生まれた寿命があり、どうあがいてもそれからだけは逃れられない。
そうならば時間が大事と思っても、寿命を伸ばすことは無理なので人に出来る努力といってもせいぜい寿命を完走する努力程度しかなさそうだ。

それは寿命という運命に比べればささやかな抵抗ですが、基本的には心身ともに健康に保つことだと思います。
体が無駄に病気になっても、心が病んで自殺に走っても寿命を全うできないので、いかに心身共に健康でいられるかが大事だと思うからです。

体の健康に必要なのは、良い食べ物、良い治療、衛生、休息、運動等でしょうか。これらはお金があれば何とかなるので、やはりお金持ちは有利だと思います。
でも、お金持ちになろうとして夜も眠らず働いたら大事な睡眠や休息がとれず、本末転倒となってしまいます。手段が目的になってしまっては意味が無い。(こういうサラリーマン多そうだけど)

一方、心の健康に必要なのは、適度なストレス、やりがい、趣味等だろうか。ストレスは、人は何か困難を乗り越えたときに幸福感を得られるらしいので、適度に必要なのです。
そのストレスの合間に趣味という「遊び」も必要だし、人は一人では生きられないので、他人や社会の役に立っていると自負できる「やりがい」も必要。

意外なのは、これら「心の健康」に必要なものは、あまりお金は要らなさそう、という点です。

「適度なストレス」「やりがい」は仕事を正しく選べば逆にお金を貰えるし、趣味も最初からお金を湯水のように使って頂点を極めてしまうと飽きが早いので、お金が足りなくて少々出来ないことがあるくらいの方が長く楽しめて良いのです。

そう考えると、心身の健康に必要な物のうち、お金が役に立つのはせいぜい半分で、やはりお金とは確かに必要だけど、腐るほど持ってても仕方ねーな、という印象。

結局、いろいろ考えて、バランスよく配分して死ぬ人が勝ちなんだろうか。
タバコが趣味の人は自分の体の健康とトレードオフでバランス取ればいいし、少しくらい給料が下がっても楽しい仕事を見つけたらサッと転職してしまうのも有りだと思う。

趣味や人生ポリシーは各個人によってバラバラなので、バランスの取り方は十人十色だろうけど、肝心なのは今の自分の生活が本当に自分にとって「心身の健康に最適なバランス構成」なのかをたまに考えてみて、その配分割合のリバランスを定期的にメンテナンスしていくことだと思う。

なので、仮に株で上手く儲けてお金だけ増えても、半分くらいしか意味は無いなあ・・・と思います。

2010/05/23

引き際

何か事を成し遂げようと思ったら、ちょっとした困難ですぐに諦めては駄目。
何事も粘り強くやり続けずに成功はまずない。

しかし、だからといって地方の商店街とかで「がんばろう○○商店街!」などと息巻いても復活した試しなんてないし、見込みの無いことを頑張り続けるのも時間の無駄。

この「見切り」のタイミングは凄く難しいなあ、と思っていたのですが、これは「これ以上やって失敗したら復帰不能!」いうところまで頑張って、それでも駄目だと思った時には潔く撤退するのがいいらしい。

何度も事業に失敗したのに懲りずにまた新しく事業を起こし、最後は成功した人のそれまでの引き際を見ると、そういうタイミングで撤退しているようだ。

もしそのタイミングを逃してしまうと、もう事業と心中みたいになって、正確な判断が出来ずにさらに失敗しやすくなるし、失敗後にはダメージが大きすぎてて再起不能になる。
株で損切りできなかった後みたいですね。

撤退とはサンクコスト、つまり今まで突っ込んだお金と労力の惜しさとの葛藤のため、実は勇気のいることですが、成功する人にはそれも必要な能力なのでしょうか。

どこがその撤退ラインかは人によってまちまちだけど、自分の場合は全資産の7割まで負けたらいったん諦めるか。
その後はまた働いて、増えた分だけの範囲で再チャレンジすると思う。

2010/05/22

Q先生が濃厚なエントリ連発

上がった株を残して下がった株を売れ
---
株をやっている人なら誰でも経験していることですが、
持っている株の中で一番よく上がるのは
少ししか買わなかった株にきまっています。
---

言い切った(笑)(;^ω^)



一にも辛抱、二にも辛抱、三にも辛抱
---
でも男は自分に頭がないことはなかなか認めたがらないし、
女は自分が不美人であることをなかなか認めたがりません。
それと同じように株をやる人は老若男女を問わず、
なかなか自分に才能がないことを認めたがりません。
---

��毒舌w(;^ω^)



私の株のやり方はとても簡単です
---
しかし、毎年、50%平均の成長率を維持できる銘柄は
誰がどう言おうと必らずのように株価が大きく成長します。
従ってそういう株を見つけることができるか、
見つけたらどんな大波の中をくりかえしくぐることになっても
ジっと辛抱できるかということに尽きます。
私が「株の儲けはガマン料」と言っているのはそういう意味です。
---

なるほど~。





話は変わって・・・





以前、有効期限が切れそう!と言ってたPARKNSHOPのクーポン
香港に行く予定も無く本当に紙くずになりそうなので、抽選で1 名様にプレゼントしたいと思います!

もし管理人に住所氏名晒してやるぜ!という勇者がいたら、右のメールフォームより、住所、氏名、メッセージを一言、を入れて5月末までに送ってちょ。

ただし今回は香港にお住まいの方か、香港にご旅行にいく予定の方限定にいたします。転売はなしねえへへ…
なお発表は発送を持って替えさせて頂きます(´ー`)

2010/05/13

直感

直感は意外に正しいという話はよく聞く。
確かに自分も思いあたるフシがあるので、この意見には賛成。
でも1点だけ付け加えると、いつもいつもそのことについて考えていた場合にだけ直感は当てになるということ。
ボーっとしてるだけじゃいい直感は得られない。

仮説ですが、いつもそのことが頭にあるから、そのことについての感覚が研ぎ澄まされてピーンひらめきちゅんと来る、というのが本当ではないでしょうか。

これは・・・、と他の人が気がつかないことに敏感になるには、やはりそのことについて1万時間くらいは考え続ける必要がありそう。
ちなみに1万時間というのは、何事でもプロと言われるのに必要な時間らしいです。

一日16時間、株について考え続ければ2年後には、なんか上がりそう!という銘柄が直感で分かるようになるかも!?

2010/05/12

預金保険

新生銀行があおぞら銀行と合併するとかしないとかいう件で届いたお知らせを読んでいたところ、合併したら1年間は1000万円×合併金融機関の数だけ保護されるとのこと。1年を過ぎると、1000万円までになるそうです。

ということは、合併した瞬間に倒産しても、ちゃんと2000万円まで保護されるんですね。
一安心一安心(´ー`)。

もっとも2000マンも預けて無いから関係ないけど。

2010/05/09

ギリシャ炎上

ギリシャすげーキレイに燃えとる・・・・・・。
コレ見て思ったこと徒然メモφ(・_・")。


��、学問のすすめ

怒ってゼネストしてる人たちって、IMFの融資がポシャッたらどうするつもりなんだろう?そんなことは考えないのか知らないのか・・・これ見てると福沢諭吉が学問をすすめたのがよく分かる。正しい判断の元には正しい知識が必要。明治維新でも海外を見てきて知ってる人に攘夷派はいなかったはず。


��、民主主義+市場経済って結構イケてね?(^ω^)

民主主義は有権者が自分の利益になりそうな代表者を選んで政治をしてもらうので、選ばれる人は多くの有権者に支持されているわけで、結果的に多くの人に満足でハッピーな社会が出来るはず、という良い制度だと思います。
また大昔の北斗の拳ケンシロウのようなヒャッハー!な世界から民主主義を実現するまでに、どれだけ多くの先人たちが血を流し苦労してきたかを勉強すると、民主主義とは本当に大事な無形資産だと思う。

しかしそんな民主主義も完璧ではなくて、
「個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない」
ということはゲーム理論でも証明されているし、そもそも個人に知識が無ければ最適な選択など出来ないため、世論によってはおかしな方向へ進むこともありうる。

例えば今のギリシャ見て日本も将来こんなんなったら嫌だなぁ、と思ったら、

・段階的に消費税を20%程度まで上げる(段階的に上げることで貯蓄→消費のインセンティブもUP)
・社会保障の減額と小さな政府(無い袖は振れないし)
・少しお金も刷って現金の価値を薄める(合法的に貯金を巻き上げるにはインフレしか)

などのように多方面から少しずつ渋いことを自主的にやるしかないことは、言われなくても政治家も個人的には思っているかもしれないけれど、民主主義ではそれは出来ないと思う。

なぜならJALやギリシャを見てると有権者は”今”自分に損になることは支持しない。例えそれが将来の自分に明らかに得になることでもダメらしいからです。

しかしこれは”今”生きるか死ぬかという逼迫した人とか、またはもう持ち時間の少ない高齢者にとってはハッキリ言って将来のことなどあまり重要でないので、ごもっともな話。

ということは、今の日本の高齢化と格差社会で上のような渋い政策が実行できたら逆に怖い。それが出来るということは民主主義ではないからです。

しかし、そんな有権者の欲望による破滅への暴走にブレーキをかけてくれるのがマーケット。
ギリシャも国債が暴落するというマーケットからの催促があったから、今しぶしぶ緊縮策を実行しようとしているので、民主主義+市場経済はなかなか良いシステムではないかと思うのです。

そうは言っても市場経済のせいで増えすぎた紙幣と、環境問題はどうオトシマエつけんの?という問題は残るが・・・それはまた今後の人類の英知に期待。


��、竜馬ブーム

ところで自分はそもそも自分の力でどうにもならないことはあまり考えないという、ま~カンタンに言うと利己的な感じなんですが、そんなタダ乗り人間ばかりでは人類の進歩はありません。

人類の進歩したのは、人々が無理と決め付けている事を出来ると信じてやり続けた人や、自己の損得勘定無しに人類の将来だけを考えて行動した偉人のおかげなのである。パチパチ・・・。

竜馬が流行ってるのも今の時代、みんなそんな人を求めてるのかなーと思った。

でもそんな偉業を成し遂げるには、自分を担ぎ上げてくれた人の利害を裏切ることも必要だし、知識が無く何でそう考えるのか分からない人からは一方的に恨まれたりして、斬られることになるのだけれど。

でもそんなのリスクなどとも思わず、突っ走れる人だからこそ偉業を成し遂げられるんでしょうね。

そういう自分は竜馬伝みてないけどヽ(´ー`)ノ。


��、勘グリ

しかし腑に落ちないのがゴールドマンの件があまり槍玉に上がってないこと。ギリシャとゴールドマンの共謀による粉飾決算でユーロに参加したなら、本来ギリシャにはご退場頂き、両者には制裁金ものだと思うけど・・・。

まさか米が裏からなんかして、ゴールドマンの件を追求しない代わりに、サブプライムの件で適当に提訴するとかしたんじゃねーのか!?などと思ったり。深読みしすぎ?(*'ω`*)



しかし長いエントリになってしまった汗
けど、この先のギリシャの成り行きによっては、日本国民も渋い政策でも納得するかも。まあその前に郵政とかの既得権をなんとかして欲しいですけど。。。




関連記事:日本どうなる?
関連記事:資本主義終わらない!に1票。
関連動画:竜馬好きの孫さん孫正義 LIVE 2011