2012/12/30

まさかの日本復活月間

2004/10/01 から 2012/12/28 現在までの投資成績
$投資生活ブログ
今月のMY基準価額 : 18566 ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.91%



資産、また結構増えた━━(゚∀゚)━━!!

あべちゃんの金融緩和+成長戦略で日本ハジマッタ!!
政策はまだ実行されたわけじゃないけど、株価とは常に先に先に動くのだ!。久しぶりに明るい未来な雰囲気が国中に広がった感じほのぼの

ていうか民主党ってどんだけ暗黒だったねん。。。汗得意げ

とはいっても、円安を材料に輸出株が上がるのもちょっと一服した感じ。今後は中身が問われそう。

中国株も上がってきたし、いい年末になったなぁ。今年もお疲れ様でした!

2012/11/26

(またしても)あっさり過ぎてしまった一ヶ月 月間

2004/10/01 から 2012/11/26 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 18046ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.59%


資産、久しぶりに結構増えた━━(゚∀゚)━━!!
衆院解散で次期は自民政権が濃厚になったことで円安→日本株爆上げ!
マジで民主党、どんだけ日本経済の首を絞めてたねんむっ
いやーしかし解散の話が出るまでは今月どうなるかと思ってたので、棚ボタ気分満喫中(*^.^*)。
ということで、せっせせっせとしこってた株売ろう(^^;)。

あと今月、ずっと見てるだけだったカルビーが「堅あげポテト」にガラス片が混入していたというニュースで暴落!確かに「堅あげポテト」はうまいが、ガラスは堅すぎたか。
それはさておき、少し落ち着いてきたら買うかにこにこ

まあ相変わらず忙しくて、あまり株に集中できてないですが。

2012/10/27

あっさり過ぎてしまった一ヶ月 月間

2004/10/01 から 2012/10/27 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17724ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.42%

資産ふえねー・・・。

今月は持ち株も為替もインデックスも上げ右上矢印右下矢印下げバラバラ。どうなってるのか全く想像できないままに集計してみると、微増という結果に。中国株の上げと円安がちょっと効いたかな!?
しかし、なんかこう、たまにはデイトレでストップ高した時みたいな興奮が欲しくなってきた(*^.^*)←危険。


ていうか、中国株って上がってたんだ。最近は先行き不透明なニュースしか見てないけど、日本にいるからかな!?やはり成長市場には資本投下しておかねば。。。


でも、仕事も忙しいし、しばらく冬眠だ!

2012/09/30

帰ってきた涙のチャート月間

2004/10/01 から 2012/9/30 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17560ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.38%


一応、先月からはMY基準価額あがったけど、なんか釈然としない気分DASH!

先月QE3の話がでたので、もう材料出尽くしかと思ってしこってた金(ゴールド)を大喜びで売ったら、もっと上がった(´Д⊂グスン。なんでこうなるの。


日本株については、うまい事上がってきた銘柄があったので指値で売り注文を出してたら、ホント直前まで来て反転→奈落の底へダウン叫び。これ一発で50万は儲けそこなったーー!
まあその分は、先月までクソ株だった銘柄が突如として息を吹き返し、上がった分で穴埋めできたけどさ・・・なんか納得いかんなーむっ


中国株については、もはや買うもんは全くなし。景気も悪くなる方向だし、昔のような大型で高配当な株も見あたらない。そもそも今、中国株やってます!中国経済の先行きを心配してます!とか恐ろしくてよう言えんわ(^^;)


あと、唯一絶好調だったのが米国株ほのぼの。これだけの円高にもかかわらず、持ち株のグーグルが円ベースで2倍くらいになったよ!ワーイキャー。これ、確かリーマンショックの時に300ドルくらいで買ったような気がするけど、もはや完全に建値は忘れた(←これが出来るようになったのは我ながら成長したと思う)。


という感じで、高配当で割安な株は既に中国より日本のほうが探しやすいので、いくつかピックアップしてます。でも長期的には日本は下がり目なので、買ってもトラリピみたいな取引になりそう。
あと、これは上の高配当株じゃないけど、カルビーとユニチャーム・・・こいつら一体いつになったら買えるのだ!?ヽ(`д´;)/ 。こいつらのチャートだけは涙で見れない・・・この2つを買っとかなかったは数年前の中国人寿なみに悔しいっす(´Д⊂グスン。

と言う感じで、今月はタラレバばっかの一ヶ月でした。

2012/08/26

タイミングが・・・(;´Д`)月間

2004/10/01 から 2012/8/26 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17500ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.43%


今月けっこう持ち株上がったんだけど、MY指標の改善はわずか。
継続的に入金はしてるので分母の資産額は増えてるんですけど、買うモンがなくて分子のポジションは増えてないので。。。株の評価額が上がってもあんまり指標は上がらないのだ。ショボ━━(´・ω・`)━━ン


以下アセットロケーション別で見てみよう。

持ち株のうち、日本株は結構上がった(゚∀゚)。でも1銘柄を明日あたり利確しようと思ってたら、きのう悪材料でやがった!ムキー!ヽ(`Д´)ノ。一応指値はしとくけどさ・・・多分ヒットしねぇだろーなー。

中国株は、買い指値がヒットせずポジションに変化なし。株価はちょっと下がったかな!?
あと、金金が急騰してたから何が起きたんだ!?と思ったら、FOMCの議事録!?かなんかでQE3期待が高まったらしいですね。
なので、ここぞとばかり、しこってた金ポジ縮小させていただきました(^^;)。あー、お荷物へって気分スッキリチョキ



ところで今月のトピックと言えば・・・韓国。
アップルとの裁判とか、竹島とかの対応見ると北並のキティぶりですが、株的にはサムスン製ギャラクシー押しのドコモがちょっと心配・・・。
裁判自体はGalaxyの旧型が対象らしいから、現時点で影響はないと思うけど、かなーり日本人の間で韓国の評判落ちたように感じるので今後Galaxy売るのはキツそう。Xperia押しに路線変更希望!

しっかし、竹島はともかく、天皇謝れ!はマズいよなあぁ...決定的に。日本人は一旦怒り出すと行くとこまでいく国民ですからロシアン 得意げ



【参考】<★なぜ日本は馬鹿にされるのか?★>

チャーチルの『第二次世界大戦回顧録』の引用。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると、今度は、笑みを浮かべていた日本人はまったく別の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話の分からない人だ。ことここにいたっては、刺し違えるしかない」といって突っかかってくる。

これは、昭和十六(一九四一)年十二月十日、マレー半島クァンタンの沖合いで、イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が日本軍によって撃沈されたときの日記だが、チャーチルは、これによってイギリスはシンガポールを失い、インドでも大英帝国の威信を失うのではないかと心配しながら書いている。「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない」


つまり、日本は相手に礼儀を尽くしているだけで外交をしていない、外交はかけひきのゲームであって誠心誠意では困る、ということらしい。



【参考】<画像】戦争に負ける前の日本の領土、領海広すぎワロタw>
http://himasoku.com/archives/51734522.html

2012/07/29

暑い!(;´ρ`) 月間

2004/10/01 から 2012/7/27 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17284ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.34%


MY基準価額は、ほぼ横ばい。今月は元々クソ株だった日本株がさらにクソ化した上に円高キター!(;´Д`)で、どんだけ減ってるかと思ったら、意外にも減っていなかった。

何でだ!?と思って内訳を見ていたら、配当の入金が結構大きい。その他にも、米国株は何気に上がっていたりして、円高ダメージは大分やわらいだ。やっぱ配当最高(゚∀゚)!

過去50年間、株といえば成長株だったけど、リーマンショック以後は配当株が王道になると思う。でも、もともと株とは配当を目当てにするもんでしたしね。

というわけで、中国株の高配当株で狙ってるのがあるんだけど、なかなか下がらない。まあ、ぼちぼちチャンスを待とう。



おまけ:
今月、ふーん、と思ったスレ

アメリカがチートすぎる事書いてけ
http://himasoku.com/archives/51726647.html

2012/07/01

下落一服月間

2004/10/01 から 2012/6/30 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17394ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.55%

今月は少し回復。先月に買った日本株があがったよ!!(´∀`)つ■。でもその株は調子に乗ってるとすぐ下がるので、ひとまず売ろうと思い中。どーせまた、ユーロがどうのこうのと騒いで落とされそうなので・・・。
そうだ!この株でトラリピみたいな取引繰り返してみよかな、最悪“もちっぱ”になってもいいし(^^;)

一方、以前から持ってる糞株のほうは相変わらず(-_- )


中国株については、はもう一押しというところで反転して買えなかった。
でもまぁ、いい判断だったと思う。中国株は下がる時は容赦ないので、あの程度でいちいち買ってたら、そのうち大暴落に捕まるのは目に見えてるし。


ところで、最近思ってるのは、資本主義は「人間の欲には限りが無い」という前提で設計されているけど、実は限りはあるのではないか、ということ。若者の草食系とか、ナマポ生活者とか、諦めたりしてるわけじゃなくて、普通に楽しそうだし。

だとすると、銘柄選定にも影響してきそうだ。
とは言っても、時代が変化し続けててもスピードがゆっくりだと、臨界点を越えるまでは広く認識されないので、もう少し時間はかかりそうだ。

2012/06/02

おんぎゃー!!月間

2004/10/01 から 2012/6/02 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17112ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):8.39%


ぎゃー!!成績暴落中!久しぶりに出たこの雄叫び・・・・・・。

が、果敢にも、なんと日本株を買い込んでおります(^^;)

本格的に下がってきたら中国株にも突撃だ!(;^ω^)はよ下がれ。



しかし、新興国のような配当利回りの株が、いつの間にか日本株に増えてきたなぁ。
一方、中国株の配当利回りは下がってる気がする。以前は5~8%なんて株が大型株でもザラにあったのに。

こういう視点から世界の覇権の移り変わりを観察するのも面白い。



それにしても、まだ仕事も生活も忙しいの終わらねぇーヽ(`Д´)ノ

株に集中したい!!←株中毒

2012/05/02

サボリ月間

2004/10/01 から 2012/5/02 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17766ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):9.12%


3月末、4月末ともに連続で仕事も生活も忙しく記録をサボってしまったあせる決して相場でやられて死んだわけではありません(^^;)

なので先月どのくらいだったのかはもやは今となってはメンドくさくて調べる気にもならないけど、現状は少し減ってしまった。若干円高気味なのと、またもや日本の糞株につかまってo┤*´Д`*├o アァー。この糞株をプラスで売る日はくるのだろうか・・・!?

それにしても、まだ忙しいのが終わったわけではないので、いろいろ調べたいことはあるけれど出来ない状態。そうこうしているうちに、また暴落に巻き込まれたりして。。。

とりあえずあと半年くらいは暴落がこないことを祈るのみ(´・ω・`)。

2012/02/25

ザクザク月間

2004/10/01 から 2012/2/25 現在までの投資成績

$投資生活ブログ


今月のMY基準価額 : 18489ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):10.05%

ドル高待ってました━━(゚∀゚)━━!!
今までさんざん痛めつけられてきた円高が一服したので、仕掛けていた全ての罠に魚が向こうからザックザク飛び込んできて大漁!
が、まだ利確してないのでまた絵に描いた餅に終わるかもだけど(; ^ ω ^ )とにかく今日のところは祝日

具体的には、日本株は今までさんざんな目にあってたクソ株が円安で上昇して生ゴミ株(笑)くらいに昇格、輸出企業だったのが幸いした。中米株は価格キープでドルが上がったので評価額 UP 。何気にしてた豪ドル定期預金は、金利+豪ドル爆発で評価額大幅 UP 。という感じ。

この円安、直接のトリガーは日銀のインフレ目標設定という話だけど、 FRB が 14 年まで低金利継続と言ったとき、大して円高にならなかったからこの流れは決まってたのかも。悪材料が出ても下がらなくなったら大底といいますしね。

それにしてもドル円という巨大な市場規模の為替相場にしてはちょっと急すぎる動きなので、少し戻しはあると思うので、そのときに残した円をもう少し HKD に両替して外貨比率を6割くらいにするつもり。

ただ、商品や株だけならともかく、ドルまで上がるということは、まさか日本インフレスタート?実生活でも、いつもいく所の値上げや値段据え置きでもサービスカットが相次いでるし、イオンもポイント5倍デー終わっちゃったし、酷いところだと事業自体撤退したり。。。もしやデフレ終わりか!?

こうなったら、波は飲まれず乗りこなして行きましょう。危機というのは文字通り危険と機会(チャンス)が同時に存在する一瞬ですが、今まではカメのように頭をすくめて「何もしない」という選択肢を行使し、嵐が過ぎるのを待つという手もありました。

しかし、今後起きる危機のうちどれかは「何もしない」は通用しないほどの大波で、頭をすくめててもそのまま流されてしまいそうなので、いっそのこといつも波に乗る練習をしておきたいと思う。

2012/01/29

読書月間

2004/10/01 から 2012/1/28 現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 17503ポイント
今月までCAGR改(年平均成長率):9.24%

なんか株が上がりだしたぞ?と思って米国指標を見てみたら、春~夏くらいに2 番底突入か!という雰囲気だったのが何とか持ち直してました。

��ご参考)
非農業部門雇用者数
S&Pケースシラー住宅価格指数

それにつられ、自分の中国株も上昇。先月に配当目的で買った株も配当5年分くらい上がっちゃったので、もーいいや、と思って売っちゃったニコニコ

しかし、その分は日本のクソ株に捕まってすっかり吹っ飛び(;´Д`)。まったくこのクソ株は・・・メラメラ



ところで、今月は株そっちのけで「永遠の0」という小説を読んでました(*゚ー゚)ゞ。ゼロ戦の特攻をテーマにした小説ですが、これ面白い!

そして戦争ものながら意外に現在にもシンクロする点がありまくりなので、ちょっとここで感想を書いてみようと思います。

まず、この小説はあるニート君が、ひょんなことから特攻で戦死したゼロ戦パイロットの祖父について調べることになり、当時の戦友を探し尋ねて話を聞いていく、という話です。最初、ニート君はバイト代を貰えるから、という理由で嫌々やっていたのですが、祖父について調べれば調べるほど謎が深まり、最後はどんでん返しもあってミステリー的に面白い。

さらにいいのは一冊で日本の太平洋戦争について大体の流れが分かるところ。ミッドウェー海戦とか真珠湾攻撃など単体で掘り下げた作品はありますが、全部で500ページの長編とはいえ一冊で理解できるのは忙しい人には嬉しい。

で、感想ですが、一言で言えば日本ってまったく変わってないなー、につきます。

例えば優勢だった戦局が一気に怪しくなったミッドウェー海戦。
主力空母4隻を撃沈されたこのボロ負けの責任は当然司令官にあるわけですが、こいつらが面白いほど、まったく責任をとらない。しかも他の司令官も当事者の責任を追及しないし原因すら分析しない。

なぜなら責めると自分が負け戦した時に自分が責められちゃうからである!かくしてウヤムヤのまま誰も責任を問われず時間だけが過ぎていく。住専/薬害から始まって福島まで、今でもよく聞く話・・・。
原発が爆発するという大惨事が起きても責任者が誰か逮捕されたとかいう話は聞きせん。SPEEDIの情報を放置して国民を大量被ばくさせても誰も責任とらず。
しょーもない粉飾決算の時には誰でもいいから逮捕したる!という気合が見えたのに、その元気はどこ行った。

責任とらないばかりか、東電は敷地外に出たものはもう私のものじゃないのでセシウムはみんなのものです、と言い切ったらしいし、最近、日本国民には放射能除去に協力する義務があるという法律までこっそり成立したそう。誰だこんな法案だしたのは。大体この前も1兆円の資本注入なんてニュースが出てたけど、一回倒産扱いにしてOBの年金とかゼロにしてからにしてほしい。

おっと脱線。話をミッドウェーに戻して続けると、海軍はこのボロ負け敗走を「転進」と言ったそうです。原発が大爆発してる映像が流れて2時間も経ってるのにまだ「なんらかの事象が起きたと思われる」と言ってた政府&東電&保安院の大本営発表が忘れられない。“事象”じゃなくて“事故”だろ事故。誰が見ても爆発事故。

現代はインターネットがあるので、情報全部がTVや新聞からということは無くて安心だけど、本当に日本って変わってないなぁと思う。まあ時代は違っても同じ国の話だから当たり前と言えば当たり前か。。。

結局、日本は原爆により降伏せざるを得なくなったのですが、どの国もそうですが誰もがこうなっちゃしょうがない、という外圧無しに自ら変わることって結構難しい。

日本にとって外圧というのは、維新の時は黒船で、太平洋戦争の時は原爆で、次はマーケットか天災になるのでしょうか。

とにかくQ先生が言うように周囲がおかしな流れになってきたら、どうしたら自分がとばっちりを受けずに済むか!?を良く考えたいと思います。



��.S.
 特攻隊員にとってはエンジン不調=幸運だったという。この極限環境を想うと言葉もない。
 確かに特攻は一度出撃したら、もはやエンジン不調で不時着でもしない限り死ぬわけだから言われてみれば当然なのだが、自分らにとってはエンジン停止は最も過酷な不運の一つだ。
 それが彼らにとっては幸運というのだから、一体どれだけ彼らが凄まじい立場で奮闘していたかが窺い知れると言うもの。
 何を思って彼らがそこまでしたかは物語中にいろいろ出てきますので、自分などは一章読み進むごとに子供のころから受け続けた朝○新聞による洗脳が解ける思いでした。

コミックにもなってますので是非!でも小説のほうがおすすめ。



永遠の0 (講談社文庫)/百田 尚樹

�920
Amazon.co.jp



永遠の0(1) (アクションコミックス)/画・須本 壮一・作・百田 尚樹

�630
Amazon.co.jp

永遠の0(2) (アクションコミックス)/画:須本 壮一・作:百田 尚樹

�630
Amazon.co.jp

永遠の0(3) (アクションコミックス)/画・須本 壮一 :作・百田 尚樹

�630
Amazon.co.jp

永遠の0(4) (アクションコミックス)/百田 尚樹

�630
Amazon.co.jp