2016/03/03

マルチプル・コントラクション

株の何が面白いって、人間の本音が生々しく露わになることです。対する世間は建前だらけですからね。

株の世界では昨日まで先頭に立って神輿を担いでいても、神輿に変調を察知すると頭のいい人から今度は逆に神輿の上に駆け上がっていきます。

すると、いつまでも神輿を担ぐ側にいたグズな投資家はその重みで潰されて死ぬわけです。

要するに高PERの株を担ぐなら、祭りをエンジョイしながらも、いつ神輿の上に飛び乗るか?ということを片時も忘れてはいけません。


また、株の世界の祭り―いわゆるバブルですが―は神輿以外にも様々なイベントがあり楽しいのですが、これは最後まで残っていた人にはお仕置きの掃除当番が待っているのです。

祭りは好きだが掃除はゴメンだという人は、祭りが終わる「気配が出る前」に帰らないといけません。気配が出たときは既に出口は殺到していて出られないからです。

ところが早く帰りすぎると、今度は自分が帰った後にメインイベントが始まったりして悔しい思いをするのですが、これは残った人からすると草生えまくりの至福の愉悦タイムでもあります。

こういう駆け引きも祭りを一層楽しくする一要因ですね。

まあ、どうしてもメインイベントが見たければ、お掃除当番上等でずっといるしかないですね。


「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. メインイベントが観られると脳汁が出ますね…

    それが忘れられなくて、いつも死の掃除当番を引き受けてる人、本当に相場ジャンキーです。

    返信削除
    返信
    1. 脳汁タイムの時の実際って「毎日が給料日」ですからね~。
      普通の人が、確変中毒+労働がバカバカしくなる、のコンボで人生崩壊コースまっしぐらになるのも頷けます。

      削除